個人の借金

クレジットカードでのショッピングと住宅ローンの審査への影響

住宅ローンの申込を考え始めた時に今までのことで気になることがいくつかあると思います。
今回はクレジットカードでショッピングしたことが住宅ローンの審査にどのような影響を与えるのかを説明します。

住宅ローンの審査内容一覧

まず住宅ローンの審査ではどのようなことを調べられるのか、気になるところだと思います。
住宅ローンの審査内容は次の項目です。
住宅ローンの審査項目一覧
たくさんある住宅ローンの審査項目のなかでクレジットカードが影響してくるのは9の返済比率と10の他社借入状況です。

返済比率とは

返済比率とは収入に占めるローンの返済額のことです。
ローンの返済額は住宅ローンの返済額だけではなく、仮に他のローンを利用していればその他のローンの返済額も含まれます。
返済比率は銀行や収入の規模によって異なってきますが、目線としては35%です。
返済比率が35%以下であればOK,返済比率が35%超であれば原則として住宅ローンの審査には通りません。

他社借入状況

住宅ローン以外にどのようなローン・借金があるのか、その金額やどのようなところからローン・借金があるのかが住宅ローンの審査に影響をしてきます。
さらに他社借入の返済状況も審査の対象となります。

クレジットカードのショッピング

さてここから本題であるクレジットカードのショッピングでの利用が住宅ローンの審査に影響するかどうかです。

クレジットカードのショッピングを一回払いで利用の場合

クレジットカードのショッピングを一回払いで利用している場合には、さきほどの他社借入とはなりません。
そのためクレジットカードのショッピングの利用金額が返済比率の審査基準に影響することもありません。
ただしその一回払いの支払状況は住宅ローンの審査で見られています。
したがって一回払いでクレジットカードのショッピングを利用しており、かつ毎回支払日に遅れることなくその利用代金を支払っている場合には住宅ローンの審査には何ら影響しません。
クレジットカードのショッピングの利用代金の大小も住宅ローンの審査には影響ありません。
一方でクレジットカードのショッピングを一回払いで利用しているものの、その支払が遅れたことがあるといった履歴がある場合には、「他社借入状況」で見られる返済状況に引っ掛かってきます。
支払が遅れたことがある頻度やその期間によっては住宅ローンの審査に落ちる理由となります。

過去2年分の支払状況が見られる

住宅ローンの審査で支払状況を見られるのは過去2年分です。
この2年間の間のクレジットカードのショッピング代金の支払状況が見られます。
仮に支払いが遅れたとしても1回や2回程度であれば、住宅ローンの審査には原則として影響はしません。
しかし支払に毎回のように遅れているとか、毎回ではないまで5回や6回など何度も遅れていると住宅ローンの審査に影響しますし、住宅ローンが通らない理由にもなります。

クレジットカードのショッピングを分割払いやリボ払いにしている

クレジットカードのショッピング代金の支払いを一回払いではなく分割払いやリボ払いにしている場合には、これは他社借入とみなされます。
他社借入とみなされるということは返済比率の審査基準にも影響をしてきます。
クレジットカードのショッピングの分割払いやリボ払いの金額が多いために返済比率がオーバーしてしまい、住宅ローンが通らないといったこともあります。

クレジットカードのショッピングが住宅ローンの審査に与える影響のまとめ

とにかくクレジットカードのショッピングを一回払いで支払い、支払日に遅れることなく支払っている場合には住宅ローンの審査には何ら影響しません。
どれだけ多くの回収、金額をクレジットカードのショッピングを一回払いで利用している限りは心配する必要はありません。

記事検索

キーワード一覧

-個人の借金
-,