個人の借金

キャッシングとショッピングの違い

クレジットカードには機能としてキャッシングとショッピングがあります。
キャッシングとショッピングには共通点がありますが、ある点において大きな違いがあります。
キャッシングとショッピングの違いについて説明をします。

キャッシングとショッピングの共通点

クレジットカードのショッピングとは

クレジットカードと言えばショッピングですね。
買い物代金や飲食代金の支払いをクレジットカードで支払うことがよくあることだと思いますが、これがクレジットカードのショッピングです。
買い物や飲食の時には現金の支払いはなく、後日、クレジットカードの引落日にその代金を支払うことになります。
つまり代金の後払いですね。
ショッピングはクレジットカードの大本命の機能ですね。

買い物代金や飲食代金をクレジットカードで支払うのがショッピング

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとはクレジットカードに付帯機能として付いている「借金」の機能です。
カードローンのようにATMからクレジットカードで現金を引き出すことができるのがキャッシング機能です。
キャッシングは借金です。

クレジットカードのキャッシングは借金

ショッピングとキャッシングの共通点

ショッピングとキャッシングの共通点はどちらもその支払は後日に行うということです。
これがショッピングとキャッシングの共通点です。

ショッピングとキャッシングの共通点はその支払を後日行うということ

ショッピングとキャッシングの違い

さて、ショッピングとキャッシングの違いですが原則としてショッピングは借金ではありません。
これに対してキャッシングは借金そのものです。
ショッピングの場合も一括払いではなく分割払いやリボ払いになると金利がついて借金の扱いになりますが、一括払いについては借金としての扱いではありません。
キャッシングは借金ですから、例えばキャッシングを利用した状態で住宅ローンを申し込むとキャッシングの利用残高が他の借金とみなされて住宅ローンの審査に影響を及ぼします。
これに対して少なくとも一括払いのショッピングは借金ではありませんから住宅ローンの審査には影響を与えません。
一括払いのショッピングは借金ではない、キャッシングは借金そのものという点がショッピングとキャッシングの決定的で大きな違いです。

一括払いのショッピングは借金ではないがキャッシングは借金そのもの

ショッピングとキャッシングの違いのまとめ

以上、ショッピングとキャッシングの違いをまとめますと次のようになります

まとめ

・ショッピングは買い物代金や飲食代金の支払いをクレジットカードで行うこと
・キャッシングはクレジットカードの付帯機能で借金そのもの
・一括払いのショッピングは他のローンの審査に影響は与えない
・キャッシングは他のローンの審査にはマイナスの影響がある

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-個人の借金
-,