資金繰り

売掛金とは

売掛金の売掛というのは文字通り掛けで売るということであり、掛けで売ったことにより売掛金というのが発生します。
売掛金のおかげで売上が確保できる一方で資金繰りを苦しめるのも売掛金の存在です。
一長一短がある売掛金について説明をします。

売掛金が発生する仕組み

売上を確保してくれるありがたい売掛金である一方で資金繰りを苦しめるのが売掛金ですが、そもそも売掛金はなぜ発生するのかを整理しておきましょう。

現金商売の場合

売掛金を理解するうえでは現金商売の場合と比較することにより理解がしやすくなります。
ラーメン屋で600円のラーメンを食べたとします。
代金の600円は食べ終わった後に店を出る際にレジにて現金で支払うと思います。
ラーメン屋から考えるとラーメンの注文が発生したことで600円の売上が発生したことになります。
そしてその600円の売上代金はお客さんが食べ終わった後に現金で回収することができます。
ラーメンを食べ終わるに要する時間は10分から20分程度でしょうか。
いずれにしても600円のラーメンの売上とその代金の回収は食べ終わるまでの時間差があるにせよ、ほぼ同時に回収することができます。
1か月後にお客さんから代金を払ってもらうということはないでしょう。
このように売上と発生と同時にその代金を現金で回収する形態が現金商売です。
今回のラーメン屋のほかにほとんどの飲食店や物を販売する小売店も現金商売でしょう。

掛けで物を売る場合

これに対して掛けで物を売り場合を考えてみます。
掛けとはわかりやすい言葉で言いますとツケです。
ツケとは物やサービスを提供するものの、その代金は後で回収するということです。
ツケで物やサービスを提供することを掛売りと呼ばれていますが、現金商売との違いは掛売りで売上が発生してもすぐには売上代金である現金を回収できないということです。
売上代金は後で回収できることになります。
この掛売りでは売上が発生してまだ代金が回収できていないものこそが売掛金です。

売掛金が発生する場合のお金の循環

ある製造業について考えてみます。
お金の循環
物を製造するためには原材料が必要です。
お金で原材料を購入することでお金は原材料に姿を変えます。
その原材料を使って物を製造して製品が完成されます。
原材料に姿を変えたお金は今度は製品に姿を変えました。
そして販売活動を行う製品が売れるとここで売掛金が発生します。
製品に姿を変えていたお金は今度は売掛金に姿を変えました。
そして売上代金の回収期日に販売先がお金を支払うことによって売掛金はようやく元のお金に姿を変えます。
製品の販売と同時にお金が回収できれば売掛金は発生せずにすぐにお金になるわけですが、掛売りですからお金は売掛金の姿のままです。

売掛金は資金繰りを苦しめる

ツケ、つまり掛売りだからこそ売上が大いに確保できる側面が多々あります。
実際、製造業や卸売業に代表される事業形態では掛売りで事業を行っているところが大半なのではないでしょうか。
製品と引き換えでお金を払わなけば売らないということでは売上を確保することは難しくなるでしょう。
しかし資金繰りの点から売掛金はマイナスでしかありません。
売上代金は次の仕入や人件費、家賃などの経費の支払に必要不可欠なものです。
ところが売上が発生してもすぐにお金が入ってこない、つまり売掛金が発生するとその間は手元にお金が入ってきませんから、次の仕入代金や経費の支払いのためのお金が不足することになります。
販売先が代金を支払ってくれる期日は長ければ長いほどお金が不足する時間が長くなります。
このように売掛金はすぐに手元にお金が入ってこない分だけ資金繰りを苦しめることになります。
資金繰り面において売掛金の管理はとても大切な事柄です。
なるべく早期に売上代金が回収できるように販売先と交渉を行うことが資金繰り管理には重要な事柄です。

関連コンテンツ

-資金繰り
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5