銀行融資の基本

根抵当とはどういう意味ですか?

抵当権と根抵当権

銀行融資に関わる不動産担保では「抵当権」と「根抵当権」に大きく分けることが出来ます。
「抵当権」というのは特定の融資だけ担保する性質のものです。
担保の対象となっている特定の融資を返済すれば、抵当権の担保としての効力も消滅します。

根抵当権とは

これに対して「根抵当権」というのは担保の対象とする融資を特定しない性質を持っています。
たとえば複数の銀行融資を受けている場合、根抵当権はその複数の融資全てを担保しています。
銀行融資を繰り返し受ける場合、いちいち抵当権の設定をすることは煩雑です。
根抵当権であればその都度、担保を設定する手間が省けます。
もっとも根抵当権を設定する場合は「極度」というものを定めます。
極度1億円であれば、1億円の範囲内で銀行融資を担保しています。
抵当権が設定される代表例は住宅ローンです。
一方の根抵当権は会社や個人事業主が借りる事業資金融資に多く使用されます。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.