個人の借金

カードローンで借金をまとめる

返済額は借金件数に比例します

借金の返済額は借金の件数が増えれば増えるほど増加します。
まずこのことをしっかりと頭に入れてください。
返済が苦しいために安易に別の新たな借金を作ってしまえば、さらに返済苦が増加します。
借金の返済に苦しんでいる方、破産などの債務整理をした方に共通していることは借金の件数がとても多くなっていることです。
返済が出来ないためにその資金を工面するために別の借金を作ってしまう・・・。
苦しい気持ちは十分にわかりますが、何の解決にもなりません。
解決にならないどころかますます苦しさが増してきます。

借金をまとめる

返済苦から少しでも楽になる方法は複数ある借金をまとめることです。
お金を不足を他の新たな借金を作ってしまうことは絶対に避けましょう。
借金明細
これはある個人の方の借金の明細です。
消費者金融が1社、クレジットカードのリボ払いが2社で合計3社の借金があります。
3社であればまだ少ない方かもしれません。
もともとはクレジットカードのリボ払いだけであったのですが、返済が苦しくなり返済資金を捻出するために消費者金融から新たな借金を作ってしまい現在は合計3社になってしまっています。
毎月43千円の返済はこの方にとっては非常に重い負担となっており、その返済苦から逃れるために別の消費者金融からの借金を考えているところです。
ここで踏みとどまって考えていただきたいことは新たな借金で返済苦から一時的に逃れることではなく借金をまとめて毎月の返済額を少なくすることです。
借金をまとめるローンは世の中にたくさんあります。
「おまとめローン」と呼ばれるローンの存在はご存知の方も多いと思いますが、一番のおすすめはカードローンで複数の借金をまとめることです。

カードローンはいざという時にも使える

カードローンで複数の借金をまとめることは可能です。
実際に大手銀行においても複数の借金をカードローンでまとめる広告も多く出されています。
なぜカードローンでまとめることをおすすめするかと言えば、それは今後いざという時にそのカードローンを使って凌げるからです。
いわゆる「おまとめローン」というのは複数の借金をまとめて、以降はそのおまとめローンを分割返済していく商品です。
複数の借金をまとめることは出来ますが、追加の借入は出来ません。
そのためおまとめローンで複数の借金をまとめたものの、それ以降に急なことでお金が必要になった場合に、また新たな借金を作ってしまう可能性があります。
これに対してカードローンというのは借入限度額までは繰り返し利用できるところがおまとめローンとは違う特徴があります。
ですからカードローンで複数の借金をまとめた後に急な出費でお金が必要となった場合には、新たな別の借金を作らずにそのカードローンを借入限度額までは利用して凌ぐことが出来ます。
借金の件数が増えません。
急な出費で新たな借金を作ってしまえば、元も子もありません。
いざという時にも役に立つカードローンにて複数の借金をまとめることをお勧めするのはこの理由からです。
借金をまとめる
さきほどの個人の方は3社からの借金合計800千円をカードローンにてまとめることに成功し、それまでの毎月の返済額43千円が毎月20千円に減らすことが出来ました。

返済苦から逃れるために新たな借金を作ってはいけません。 カードローンを最優先にして複数の借金をまとめて返済額を減らすことを考えてください。

関連コンテンツ

-個人の借金
-, , ,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5