融資審査マンの見方 信用保証協会融資

プロパー融資審査と信用保証協会の関係

プロパー融資は信用保証協会の保証制度を使わない銀行単独での融資です。
そのためプロパー融資の審査は信用保証協会の保証付融資の審査と比べてはるかにハードルが高いです。
今回はプロパー融資審査と信用保証協会の「あること」との関係について説明をします。

プロパー融資と信用保証協会保証付融資の決定的な違い

プロパー融資も信用保証協会保証付融資もどちらも銀行が行う融資という点では共通しています。
しかし実態面においてプロパー融資と信用保証協会保証付融資には決定的な違いがあります。

信用保証協会保証付融資とは

プロパー融資と信用保証協会保証付融資の決定的な違いを説明するにあたり、プロパー融資と信用保証協会保証付融資のそれぞれの特徴を説明します。
最初は信用保証協会保証付融資です。
信用保証協会保証付融資は主に中小企業や個人事業主向けの融資において用いられる銀行融資です。
中小企業や個人事業主は一般的に大企業に比べると規模が小さく事業基盤も脆弱です。
つまり信用力が弱いのです。
融資をする銀行としては融資は最後まで返済してもらわなければなりません。
万が一返済がされずに融資が貸倒となればそれは銀行にとって損失となります。
そのため信用力が弱い中小企業や個人事業主には銀行は積極的に融資をしないことになります。
しかしそれでは中小企業や個人事業主の資金繰りが安定しません。
そこで信用保証協会という公的機関が融資の保証人になることで中小企業や個人事業主がスムーズに銀行から融資を受けられるようにしているのです。
銀行としても公的機関である信用保証協会が保証人になってくれるのであれば、中小企業や個人事業主に安心して融資を行うことができます。
このように信用保証協会保証付融資は銀行にとっては融資の焦げ付きを心配することがない安心できる融資と言えます。

プロパー融資とは

信用保証協会保証付融資に対してプロパー融資とは公的機関である信用保証協会の保証制度を利用せずに、銀行が単独で行う融資です。
そのため万が一、融資の返済が焦げ付けばその損失はすべて銀行が被ることになります。
信用保証協会保証付融資は融資の焦げ付きの心配がない融資、プロパー融資は融資が焦げ付けばその損失はすべて銀行が被るという点において決定的な違いがあるのです。

プロパー融資の審査は厳格

上記のような決定的な違いによりプロパー融資の審査は信用保証協会保証付融資の審査に比べてはるかに厳格でハードルが高いものとなっています。
そのためプロパー融資においては融資の返済可能力が十分にあると考えられる先に限って行っています。
このプロパー融資の判断においては返済の拠り所の有無が大きな影響を与えます。
その拠り所において信用保証協会が関係してきます。

信用保証協会が拠り所とは

事業者というのはどれだけ赤字であっても資金繰りが続く限りは倒産しません。
不動産があればそれを担保に出せば銀行等から融資を受けて資金繰りが維持できる可能性が大きいでしょう。
そして信用保証協会の保証が得られる見込みがあれば、将来必要であれば信用保証協会の保証制度を使って銀行から融資を受けて資金繰りが維持できる可能性が大きいでしょう。
つまり信用保証協会が拠り所となるという意味は事業者がまだ資金調達の余力があり資金繰りを維持できるという点です。

プロパー融資と信用保証協会との関係のまとめ

まとめ


・プロパー融資と信用保証協会保証付融資には決定的な違いがある
・プロパー融資の審査は信用保証協会保証付融資の審査に比べてはるかにハードルが高い
・信用保証協会の保証余力があればそれを拠り所としてプロパー融資が受けられる可能性がある

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-融資審査マンの見方, 信用保証協会融資
-,