信用保証協会融資

信用保証協会の役割

中小企業や個人事業主の方が銀行融資を受けるさい、信用保証協会の保証を付けるのが一般的です。
信用保証協会の保証は銀行と融資を受ける方双方にメリットがあります。
次の図は信用保証協会の保証付き融資の仕組みを示したものです。
信用保証の仕組み

信用保証協会とは

信用保証協会とは中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際に一種の保証人になってくれる公的機関です。
中小企業や個人事業主は一般的に信用力が弱い、つまり銀行からすると融資の返済能力が弱いと考えられています。
銀行としては融資した資金は最後の1円まで返済してもらわなければなりません。
これは融資の鉄則です。
そうなると信用力が弱い、つまり融資の返済能力が弱いと考えられる中小企業や個人事業主に対する銀行の融資姿勢は消極的となります。
それでは資金繰りに困る中小企業や個人事業主が続出することになります。
そこで公的機関である信用保証協会が保証人になることにより銀行に安心して中小企業や個人事業主に融資ができるような仕組みが作られているのです。
銀行としては万が一融資の返済がされない場合には公的機関である信用保証協会が代位弁済してくれますから安心なのです。

銀行のメリット

銀行は融資を実行するにあたっては融資金の回収手段の確保を考えなければなりません。
債務者(銀行融資を受ける側)がきちんと最後まで返済してくれればそれで良いのですが、
長期の融資となれば、最終期限までの間に債務者の業績が悪化し返済が不可能となるケースもあります。
債務者からの返済が不可能となった場合に備えて銀行は回収手段を確保しておかなければなりません。
代表的な回収手段は担保や連帯保証人です。
しかし中小企業や個人事業主の場合には、有力な担保を持っていないことが多いですから、その他の回収手段も講じておかなければなりません。
その回収手段が信用保証協会の保証なのです。
信用保証協会は一種の保証人として、銀行融資が焦げ付いた場合に債務者に代わって銀行に返済(代位弁済といいます)してくれる公的機関です。
銀行としては信用保証協会の保証がついていれば、債務者が返済不能に陥っても融資金を回収出来る手段が得られることになります。

債務者のメリット

債務者のメリットとしては信用保証協会の保証を得ることにより、担保がなくても比較的容易に銀行融資が受けられることにあります。
また信用保証協会の保証があれば、大半の銀行は融資に応じてくれますから、取引のない銀行との新規融資も期待できます。

関連コンテンツ

-信用保証協会融資
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5