銀行融資の基本 信用保証協会融資

制度融資のあっ旋を受けても融資審査が通るとは限りません

地元の中小企業や個人事業主に対して利子補給などを行い低利で融資が受けられるようにするため、各自治体には制度融資というものが設けられています。
利子補給など通常の融資よりは融資な条件ですのでお得です。
制度融資を受けるには自治体から融資のあっ旋を受けることになりますが、しかし融資審査に通るとは限りません。

制度融資とは

制度融資とは各自治体が地元の中小企業や個人事業主のために、銀行からの利息を一定割合補給するなどして通常よりも有利な条件としている融資制度のことです。
全国の自治体を調査したわけではないですが、おそらくすべての自治体において制度融資が設けられているはずです。
同じ融資ですから利子補給などを受けて有利に借入できる方が良いに決まっていますから、利用できるのであれば積極的に制度融資を受けた方が良いですね。

制度融資を受けるには

制度融資を受けるにはまず各自治体から融資のあっ旋を受ける必要があります。
あっ旋を受けるには条件を充足する必要がありますが、この制度融資のあっ旋条件はそれほど難しいものではありません。
1つの例として千葉県浦安市の制度融資のあっ旋を受けるにあたっての基本条件は次のとおりです。


・市内に事業所を有し、市内で1年以上同一の事業を継続して営んでいる中小企業者
・市税の滞納のない方
・千葉県信用保証協会の保証対象業種を営んでいる方


たったこれだけです。
細かく言いますと利用しようとする制度融資の種類によってその他に条件がありますが、通常の制度融資であれば上記3つの条件を充足すればほぼ制度融資のあっ旋を受けることができます。
その自治体で事業を行っているのであれば、ほぼすての中小企業や個人事業主は制度融資のあっ旋を受けることができるのではないでしょうか。
別に売上が1億円以上ないといけないとか、赤字決算ではだめだとかそのような条件は制度融資のあっ旋にはありません。
では制度融資のあっ旋を自治体から受ければ銀行から融資が受けられるのでしょうか。
実はそうでもないのです。

融資審査は別

各自治体が行う制度融資のあっ旋はあくまでも利用資格の確認だけであって、貸せるかどうかの融資審査はまったく行ってはいません。
制度融資であっても融資、つまり借入金ですから制度融資を受けた後はきちんと返済しなければなりません。
しかし制度融資のあっ旋においては返済できるかどうかの審査は行わずに、単に利用資格の確認のみを行っています。
貸せるかどうかの融資審査は別なのです。

2つの審査

では制度融資の審査は誰が行うのかと言えば、信用保証協会及び銀行が行います。
制度融資は信用保証協会の保証制度を利用することが前提となっていますから、まずは信用保証協会で保証制度が受けられるかどうかの信用保証協会での審査があります。
それに加えて実際に制度融資を行うのは銀行ですから銀行でも貸せるかどうか、返済できるかどうかという融資審査があります。
この2つの審査が通って初めて制度融資が利用できることになります。
制度融資のあっ旋だけで融資が受けられるということではありませんから注意をしてください。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 信用保証協会融資
-