銀行融資の基本

手形貸付と受取手形の違い

手形貸付と受取手形はどちらも「手形」ということでは共通をしていますが、実は手形貸付と受取手形はまったく違います。
手形貸付と受取手形の違いについて説明をします。

手形貸付と受取手形の共通点

手形貸付と受取手形の違いを説明する前に手形貸付と受取手形で共通することをまず案内します。
手形貸付と受取手形で共通することといえば、それはどちらも約束手形が関係しているということです。
約束手形とは将来の支払を約束する証文のようなものですが、手形貸付と受取手形はどちらもこの将来の支払を約束する証文である約束手形を使用するという点は共通をしています。

手形貸付とは

手形貸付とは一言でいうと銀行に約束手形を差し入れして融資を受けることです。
銀行から融資を受ける際にはこの融資契約、つまり金銭消費貸借契約の証の書類の差し入れが必要となりますが、手形貸付の場合にはこの金銭消費貸借契約の証として約束手形を差し入れます。
この手形貸付に差し入れる約束手形は一般に手形取引で使用されている約束手形と同じものではありますが、銀行から融資を受けるためにだけ発行する約束手形となります。
手形貸付
この図は手形貸付に銀行に差し入れする約束手形のひな型です。
一番の上の赤枠の〇〇殿のところには融資を受ける銀行名を入れます。
株式会社〇〇銀行といった感じです。
次の金額欄に融資金額を記載します。
振出日の日付欄は融資が実行される日です。
その下の振出人は融資を受ける会社等が署名と捺印をします。
最後に右側の支払期日欄には融資の返済期日を記載します。

受取手形とは

受取手形とは売上代金の回収として販売先から受け取る約束手形のことです。
融資ではなく事業の販売に伴って販売先から代金として受け取る約束手形となります。
さきほどの手形貸付の場合は事業に生じる約束手形ではなく、融資を受けるためだけに発行する約束手形でした。
ここが手形貸付と受取手形の違いです。
事業で販売先から受け取った約束手形を銀行から手形貸付で融資を受けるために差し入れることはできません。

手形割引

なお銀行の融資には手形割引というものがあります。
この手形割引は事業によって販売先から受け取った約束手形を銀行に割り引いて買い取ってもらうことにより融資を受ける方法です。
したがって手形割引の場合には事業で受け取った約束手形をそのまま利用することとなります。

手形貸付と受取手形の違いのまとめ

以上手形貸付と受取手形の違いをまとめるの次のようになります。

まとめ

・手形貸付は融資を受けるために新たな約束手形を発行して融資を受けること
・受取手形は売上代金として販売先からの支払時に受け取る約束手形
・受取手形は手形貸付用の手形には利用できない

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本
-,