銀行融資の基本 融資審査マンの見方

今後の手形貸付の融資は難しくなるのでしょうか?

弊社は手形貸付で700万を借りています。
返済は400万と300万の2回に分けての返済となっています。
1回目の400万は返済したのですが、2回目の300万を期日書換や、証書貸付に変更を相談すると、銀行評価は下がるのでしょうか?
今後の手形貸付の融資は難しくなるのでしょうか?

回答

銀行の受け止め方

2回目の返済が出来ないということは融資を受けた当初と何らかの事情の変更があったにせよ、銀行の受け止め方はどうしてもネガティブなものになってしまいます。
当初に手形貸付にて700万円の融資を受け、その返済は2回に分けてそれぞれ400万円と300万円にすることで融資契約をした以上は返済は契約ですから履行しなければなりません。
おそらく融資を受けた当時はきちんと返済出来ると考えていたことでしょう。
それが事業が変化して2回目の返済が難しいということは融資先にマイナスの事情が生じたものと銀行は受け止めるのです。

返済期日前に銀行と相談

返済が難しいと感じたらなるべく早く銀行に相談をしてください。
返済期日前に相談を行うことが大切です。
返済期日が到来し延滞となってしまい銀行から連絡を受けてから相談をしたのでは銀行の心象も悪くなります。
事業が変わり返済が難しくなる事例や融資先はいくらでもあります。
したがって銀行としても大きな驚きを持つことはありません。
しかしそれは返済期日前に相談を行うことが前提です。
そして銀行と相談するにあたってはなぜ返済が難しくなったのがその理由を率直に伝えてください。
さらに今後の見通しの説明も欠かせません。
事業を勘案して銀行側はどのような次善策を取ったら良いのかを銀行内で検討をすることになります。

手形貸付の対応方法

さて期日に返済を行うことは難しいとなれば、まず第一に考えられるのは期日を延長する取り扱いです。
銀行内で審査を経たうえで実務的には新しい手形に書換をして、つまり返済期日を先に延ばす手続きが行われます。
これは延滞ではありません。
返済期日を先に延ばすのですから延滞ではないのです。
この手形を書き換える取扱いがもっとも多いです。
次に考えられるのは事情の変化が深刻で返済の見通しが立たない場合なのですが、このような状況では銀行としても返済期日を先に延ばすような手形の書換に応じることは出来ません。
当初の返済期日が到来し融資が延滞となり、あとは延滞を管理してどのように融資を回収していくかの取扱いとなります。
返済の見通しが立たない状態ですから延滞債権として管理を銀行が行うのはやむを得ないでしょう。

また手形貸付が受けられるか

以降に再び手形貸付の融資が受けられるかどうかですが、さきほどの第一の事例の場合にはその返済が終了すれば再び手形貸付にて融資が受けられる可能性はあります。
しかし第二の事例の延滞債権の管理がなされた後では再び手形貸付の融資を受けることは難しいです。
手形貸付どころかその銀行から再び融資を受けることが現実的には困難となります。

関連コンテンツ

カテゴリー

タグ一覧

記事検索

お問い合わせ

即日融資で人気の商品

【第1位】ビジネスローン

ビジネスローンの世界では最古参の実績があります。
歴史が長く多くの事業会社が利用しており高い信頼性があります。

審査から最短即日で融資可能となっています。

【第2位】プロミス

三井住友銀行100%子会社のキャッシングサービスです。
最短1時間での融資が可能です。
顧客満足度が最も高い金融商品です。

【第3位】資金調達プロ

こちらは融資ではなく売掛金を活用した資金調達商品(ファクタリング)です。
そのため銀行等から融資が受けられない場合でも対応可能です。
10秒で資金調達がいくら可能かがわかるのが人気の理由です。

おすすめ記事

1

個人の方でお金がすぐに必要だという時にキャッシングの即日融資はとても強い味方になってくれます。 しかし本当に即日に融資が受けられるのかどうか疑問に感じられている方も少なくないと思います。 ここでは管理 ...

2

月末の支払資金が不足している、予定していた入金が遅れることになり資金繰りが危ない・・・。 いろいろな理由で急に資金手当てをしなければならないことになり融資が必要となることもあります。 最も大切なことは ...

3

初めてキャッシングを利用されている方にこれだけは押さえておいてほしいというポイントを1つだけ説明します。 とても大切なことです。 キャッシングの特徴 大切なポイントをご案内する前にまずはキャッシングに ...

4

資金繰りのためにどうしても銀行から融資を受けたいが、赤字など業績が悪いなどの理由で融資が受けらない状況に落ちってしまった場合、そのままでは破綻してしまいます。 精神的にも追い詰められた状況だと思います ...

5

よく「運転資金が足らない」という言葉を耳しませんか? 事業を営んでいる上で運転資金は基本的に常に必要で資金繰りにも大きな影響を及ぼすものです。 ここでは運転資金とはいったいどういうものなのかを整理して ...

6

カードローン・キャッシングは必要な時にすぐに借入が出来るとか利用可能額までは繰り返し借入が出来るなど便利ですから急な出費の備えとして準備しておきたいところです。 しかし金利が高いというのが気になって悩 ...

7

赤字決算の場合、資金繰りが苦しくなり融資を受けたいところですが銀行は融資に慎重姿勢になります。 一方で赤字決算でも融資を新規に受けている会社(個人事業主)はたくさんあります。 赤字決算の場合の銀行への ...

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5