融資審査マンの見方

飲食店の運転資金と設備資金

飲食店向けの銀行融資においては運転資金と設備資金が中心となります。
飲食店向けの運転資金と設備資金の融資に対する銀行の考え方を説明します。

飲食店からの運転資金融資に関する質問

居酒屋を経営しています。
材料の仕入や社員、アルバイトへの給与の支払いのために運転資金が必要です。

飲食店向けの運転資金には銀行は否定的

まず飲食店に対する運転資金の融資は銀行は否定的です。
なぜなら飲食店は現金商売で運転資金が不要な事業だからです。
運転資金というのはそもそも売上代金回収までの間に発生する仕入の支払いや人件費などの経費に支払のために資金需要が発生するものです。
しかし現金商売である飲食においては売上代金は売上の発生とともに手元に入ってきます。
したがって入ってきた売上代金を仕入れの支払いや人件費などの経費の支払いに充てれば良いのです。

飲食店の運転資金は業績不振が要因

それにもかかわらず飲食店において運転資金が必要だということはどのような理由が考えられるでしょうか。
それはほとんど場合、業績不振によるものです。
一言で言えば赤字の補填です。
材料代や人件費などの経費を支払えるほど売上代金がない、つまり赤字だということです。

今後の業績改善計画が必須

そのため飲食店が運転資金の融資を受けるためには今後の業績改善計画の説明が欠かせません。
将来、黒字転換する具体的な見通しが持てるので当面の資金繰りを安定させるために運転資金が必要だという理屈です。

飲食店の運転資金に関するまとめ

・飲食店は運転資金が必要ではない事業
・飲食店で運転資金が必要となる理由の大半は業績不振
・そのため飲食店で運転資金の融資を受けるには今後の具体的な業績改善見通しの説明が必要

飲食店の設備資金融資に関する質問

居酒屋を経営しています。
もともと客席が少ないために従来より店舗の拡張を計画していました。
今回、店舗の内装と同時に拡張を予定しています。
店舗の内装や拡張のための資金を銀行から融資を受けたいのですが可能でしょうか。

飲食店向けの設備資金の融資は銀行は通常

店舗の内装や店舗の拡張に必要となる資金は設備資金に分類することができます。
設備資金は現金商売であろうとなかろうと一時的に多額の資金が必要となりますから、飲食店向けであっても設備資金の融資には銀行はごく普通に検討をします。
飲食店だからといって設備資金は決して否定的ではありません。

設備資金には収益返済計画が必要

設備資金の融資を受けるには飲食店に限らず収益返済計画が必要です。
収益返済計画にて設備投資後の売上や収益などの予測を立てるとともに、設備資金融資の返済を含めて資金繰り状況がどうなるのかを予測したものが収益返済計画です。
(収益返済計画についてはこちらの記事をご参照⇒設備資金融資の必要書類

設備資金融資は借りておくべき

設備資金の融資は銀行から融資を受けられるのであれば借入をしておくべきです。
手元の資金を設備投資に使って運転資金が不足する事態になっても、さきほどのように銀行は飲食店向けの運転資金融資には否定的です。
そのため資金繰りを安定させる観点から設備資金については可能な限り借入を利用された方が良いと思います。

飲食店の運転資金と設備資金のまとめ

以上、飲食店の運転資金と設備資金についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・飲食店は現金商売であり運転資金は必要がない
・飲食店において運転資金が必要となる理由のほとんどは業績不振に伴う赤字の補填
・そのため飲食店向けの運転資金の融資は銀行は否定的
・飲食店向けの設備資金の融資は通常通り銀行は対応
・資金繰り安定の観点から設備資金の融資は利用するべき


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-融資審査マンの見方
-, ,