銀行融資の基本

担保がなくても本当に銀行から融資が受けられるのですか?

ホーム銀行融資と担保>担保がなくても本当に銀行から融資が受けられるのですか?

初めて銀行から融資を受ける際には担保がないと無理と考えている方が意外に多いようですのでここに整理しておきます。

担保がなくても銀行から融資が受けられることは決して珍しいことではありません。
銀行の融資審査は簡単に言えば、融資した資金がきちんと返ってくるかどうかを判断しています。
担保がなくても融資した資金が返ってくる、つまり返済してもらえると考えれば銀行は担保がなくても融資を行うのです。

ではどのような場合に銀行は担保がなくても大丈夫と考えるのか?
ケースバイケースで異なることはありますが、代表的な例としては以下が挙げられます。
・業績が順調である
・信用保証協会の保証付の融資である
・十分な資産背景がある

業績が順調であれば十分に事業から得られる資金にて返済は可能でしょう。
わざわざ担保を取る必要はありません。
また公的な保証人である信用保証協会の保証付であれば、万が一の場合にはその信用保証協会が代わりに返済しますから銀行は融資資金の回収に懸念はありません。
また十分な資産背景があれば、その資産を使って今後も新たな借入をすることが可能とかんがえられますから資金繰りが行き詰まることもなく返済が可能と考えられます。

初めて銀行融資を利用する場合には上記のうち信用保証協会の保証制度を利用することが一般的です。
担保がなくても銀行から融資を受けられることは十分にあるのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.