銀行融資の基本

銀行の追加融資について

銀行から融資を受けて現在返済をしているものの、また追加融資を受けたいといったことはよくあることだと思います。
銀行の追加融資の考え方について説明をします。

銀行の追加融資に関する質問

自営業をしています。
3年ほど前に独立をしました。
独立時に銀行から運転資金として300万円の借入をしました。
現在100万円ほど返済が進みました。
最近、資金繰りが苦しいために追加融資をお願いしようかと考えています。
独立時に借りた300万円が100万円の返済が進んでいますので、この100万円を再度借りたいと思っています。
可能でしょうか。

借入があっても追加融資は可能

まず現在借入があっても追加融資は可能です。
時々、今の借入を完済しないと追加融資は受けられないのかといった質問を受けますが、完済しない限り追加融資が受けられないということはありません。
今回の質問のケースですと当初300万円の融資をうけて100万円ほどの返済が進んでいるということですので200万円の融資がまだ残っている状態です。
この状態においては追加融資を相談することは可能です。

昔借入した融資が残っていても追加融資の相談は可能

追加融資は都度審査

さて追加融資ですが、返済した分が無条件で追加融資で融資がされるわけではありません。
当初300万円の融資を受け、その後100万円の返済をしたからといって100万円の追加融資が無条件で受けられるわけではありません。

返済が進んだ分の追加融資は無条件で行われるわけではない


追加融資は銀行にとってはあくまでも新しい融資だとの考え方です。
返済が進んだかどうかは関係がありません。
追加融資の検討時点で返済が可能かどうかなどを改めてきちんと検証をし審査を行います。
したがって審査の結果、追加融資が受けられないということは十分に在り得ることなのです。

追加融資の借り方

さて仮に追加融資が可能だとします。
今回の質問のケースですと当初融資300万円、現在残高200万円で返済が進んだ100万円の追加融資を受けるとします。
この場合、

追加融資の借り方

・新たに別口で100万円の追加融資を受ける
・改めて300万円の融資を受け残りの200万円は同時完済して実質的に100万円の追加融資を受ける
の2つの借り方があります。
どちらが借りる側から良いかと言えばそれは後者の借り方です。
前者の場合ですと当初300万円、現在残高200万円の融資の返済を今後も続けながら、別に100万円の融資の返済をしていくことになります。
つまり追加融資の分だけ、今後の返済額が増加するということです。
これに対して後者の場合ですと当初300万円、現在残高200万円の借入がふたたび元の300万円に戻ることになります。
そして返済は今まで同じ銀行で再び300万円の借入残高からスタートをしていくことになります。
確かに前者の方が借入額の返済ピッチは早まりますが、返済負担が増加するだけ資金繰りを圧迫することになります。
資金繰りに余裕がない状態では前者の借り方は負担が重くなります。
そのため資金繰りを安定させる観点から後者の借り方がおすすめです。

追加融資は現在の借入を元に戻す形態がおすすめ

銀行の追加融資のまとめ

以上、銀行の追加融資についてまとめますと次のようになります。

銀行の追加融資のまとめ

・追加融資時には新規融資と同様の審査がある
・返済が進んだ分だけ無条件で追加融資が受けられるわけではない
・追加融資は現在の借入を元に戻す受け方がおすすめ


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-銀行融資の基本
-