銀行融資の基本

相当の額の担保を取っているのに融資額が少ない

質問

零細企業を経営しているものです。
自宅の不動産を相当な額の担保に入れています。
しかし銀行から借入出来るのはせいぜい1,000万円くらいです。
なぜこの程度の額なのでしょうか?

回答

明確に断定することは出来ませんが、銀行の融資の基本姿勢が原因かと思われます。
銀行の融資の基本姿勢とは事業から得られる利益で返済出来るかどうかです。
つまり返済能力があるかどうかです。
どれだけ担保があっても返済能力がない=返済出来ないと考えられる場合には、融資をお断りしたり、金額を減額したりしています。
銀行も一時期には返済能力の有無に関わらず、「担保さえあれば貸す」ということがありました。
しかし今では担保の前に返済能力という考え方になっています。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本
-

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5