融資審査マンの見方 中小企業社長との面談日誌

「社長、何に使う目的(資金使途)ですか?」

銀行での融資審査においては資金使途が大切です。
今回は資金使途がよくわからない会社からの融資相談事例です。

運転資金は要らないですよね

日本の音楽コンテンツを海外に輸出している会社があります。
この会社より今回、運転資金の融資相談がありました。
前々からこの会社からは海外の販売先から代金を前受して、それから日本の音楽会社にコンテンツ代を支払っているとの説明を受けていました。
図で示すと次のようになります。
お金の流れ4
海外の販売先からの代金の受領が後で、先に日本の音楽会社にコンテンツ代を支払うのであれば運転資金の需要が発生します。
代金を受け取る前に支払う必要があるのですから資金が必要であることが理解できます。
しかしこの会社は先に代金を受け取ってから、その後にコンテンツ代を支払うのですから資金の必要性がありません。
それにも関わらずこの会社からは運転資金の融資相談があるわけです。

社長との面談

当方:「運転資金としての融資のご相談ですが、御社の資金の流れからすると運転資金の必要性を見出すことができません。なぜ資金が必要なのですか?」
社長:「音楽会社にコンテンツ代を支払う必要があるからです」
当方:「しかしその資金は海外からの入金を待って支払うのですよね。なぜ資金が必要なのかわからないのですが。何に使う目的なのですか?」
社長:「いや~・・・。先に払わないといけない先もあるので」
当方:「先にコンテンツ代を支払わないといけないとなると資金が必要なのはわかります。先に支払わないいけない先は多いのですか?」
社長:「ほとんどは先にもらえるのですが、先に支払わないといけない先も少しあって・・・」
当方:「先に支払わないといけない金額はどれくらいなのですか?」
社長:「2,3百万円くらいですかね」
当方:「今回のご融資の相談金額は3,000万円ですよね。金額の開きが大きすぎるのですが・・・」

資金使途がはっきりしないと融資ができない

社長とのやり取りは終始このような内容でした。
銀行としては運転資金だと言われても、その必要性がわからないと簡単には融資を行うことはできません。
運転資金として融資を行ったものが第三者への貸付金に流用されたり、他の借入金の返済に流用されたりするなどのケースは後を絶ちません。
銀行の融資はその融資先に事業に資することを期待して行われるものです。
それが他の目的に流用されたとなると融資先の事業に資するどころか、逆に事業にマイナスとなることが大半です。
事業にマイナスとなれば融資の返済にも懸念が持たれる状況になりかねません。
このような理由から融資の必要性が乏しい相談には応じることは難しいのです。
なぜ融資が必要なのか、相談時にはそのことをはっきりとさせてください。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方, 中小企業社長との面談日誌
-