融資審査マンの見方 銀行融資の基本

事業内容の説明がスタート

銀行で行う融資の審査についてみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
融資を申し込んだらとにかく銀行員は決算書とにらめっこして返せるのかどうかをさかんに検討しているとお感じでしょうか。
もちろん融資が返せるのかどうかは審査の最大のポイントですから、決算書とにらめっこして返せるのかどうかを考えるというのは正しいと言えます。
しかし銀行員が会社や個人事業主の方から融資の相談を受けたときに、いきなり決算書とにらめっこして返せるかどうかを検討するわけではありません。
一番最初に銀行員が審査で手を付けることは「何をやっている会社(個人事業主)か」という理解です。

銀行融資審査の全体の流れ

次の図をご覧ください。
これが銀行融資審査の全体の流れです。
融資審査の流れ
ご覧のようにまず最初に登場してくるのは「何をしている会社か?」という点です。
私たちが初めて人と会う場合、どのような人なのかを知ろうとするはずです。
銀行も同じでどのような会社なのか、何をしている会社なのかをまず知ろうとするのです。
何をしているのかわからないままで「返せるのかどうなのか」を検討することはありません。
何をやっている会社を把握することで業界全体の動向と照らし合わせて融資判断の材料とすることが出来ますし、今後の業績動向の方向性をある程度掴むことが出来るようになります。
例えば飲食店であれば、どんな種類の食事を提供しているのか、お店はどこにあるのか、複数のお店を出店しているのかを知ろうとします。
物を作っている製造業であれば何を作っているのか、製品はどのようなものに使われているのか、工場を持っているのかなどを知ろうとします。

まず何をやっている会社なのか、これが銀行の融資審査のスタートです。

子供にもわかるように説明しましょう

さて、銀行には自社のご商売の内容を理解してもらうことがスタートであることは理解していただけたでしょうか。
そこで自社の事業内容などを説明するにあたっては子供でもわかるような感じで銀行員に説明してください。
銀行員はプロだから少し説明すればわかるだろうと考えるのは大間違いです(笑)。
銀行員は会社の事業内容のことをほとんど知りません。
これは銀行員である私が言うのですから間違いありません。

製造業の場合には最終製品と関連させて説明してください

さきほどの例の飲食業であれば、銀行員も普段から飲食店を利用していますからイメージがすくに持てます。
運送業の日頃から目にしていますからイメージが湧きやすいですね。
しかし物を作っている製造業の場合、例えば金属部品を作っていると言われてもなかなかイメージが持てません。
部品ですからある製品の内部に使われていることが多く、なかなか普段から目にはしませんからイメージが持てないのです。
このような場合には、その部品を使われている最終製品を併せて説明してください。
可能な限り、日頃から多くの人が目にしているようなありふれた物が良いです。
ある機械の部品の場合にはその機械は何を作るための機械なのかも含めて説明いただくと銀行員の理解が進むと思います。

会社内容がわからないと稟議書が書けません

銀行によって稟議書のフォーマットはそれぞれ異なるはずですが、融資先の業務内容は必ずどこの銀行の稟議書でも記載しなければならないポイントです。
これがわからないと稟議書が書けないのです。

ココがポイント

自社のことを銀行員にきちんと理解させる、そのためには子供にもわかるような平易な言葉で説明する、これが第一ポイントです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方, 銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.