融資審査マンの見方

銀行のプロパー融資と信用保証協会の保証余力

ホーム銀行融資の審査に関すること>銀行のプロパー融資と信用保証協会の保証余力

プロパー融資、つまり信用保証協会の保証を利用しない銀行融資のことをプロパー融資と呼んでいます。
銀行としては信用保証協会の保証があれば、事実上貸倒リスクはゼロとなりますが、プロパー融資の貸倒リスクは全額となります。
そのためプロパー融資を銀行は簡単には行わず、厳しい審査を行った上でその融資可否を判断しています。

そのプロパー融資の可否判断において信用保証協会の保証余力は大きな判断材料となっています。
つまり信用保証協会の保証余力があれば、融資先はその保証余力を使って銀行から更なる資金調達が可能ということになります。
したがってプロパー融資実行後に融資先の資金繰りが悪化しても、信用保証協会の保証付融資によって融資先の資金繰りは維持出来る可能性があります。
資金繰りが維持出来るということはプロパー融資の返済が続けられることにつながります。
このような点において銀行のプロパー融資の判断材料において、信用保証協会の保証余力は大きな材料の1つなのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.