銀行融資の基本 融資審査マンの見方 信用保証協会融資

銀行のプロパー融資と保証協会の関係

銀行のプロパー融資と保証協会の保証付融資はどちらも銀行が行う融資であることは共通しています。
プロパー融資と保証協会付融資では銀行の受け止め方は全く異なります。
プロパー融資と保証協会付融資の違いを説明するとともに、ちょっとした工夫でプロパー融資が受けやすくなるコツをご紹介します。

保証協会付融資とは

中小企業や個人事業主は一般的に大企業に比べると信用力が劣っています。
銀行の融資業務においてもっとも大切なことは融資を最後まで回収することです。
もし貸倒が発生すればそれは損失となります。
銀行もビジネスで融資を行っていますから、損失は何としても避けたいところです。
そうすると信用力が劣る、つまり貸倒が相対的に起きやすい中小企業や個人事業主には銀行は積極的に融資を行わないということになってしまいます。
これでは中小企業や個人事業主が困ります。

保証協会の登場

そこで保証協会が登場します。
保証協会は中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際に保証人になってくれる公的機関です。
銀行とすれば公的機関である保証協会が保証人になってくれるのであれば、中小企業や個人事業主にも安心して融資を行うことができます。
万が一、中小企業や個人事業主が融資の返済ができなくなっても保証協会が保証人として代わりに返済をしてくれますから、銀行には貸倒れ、つまり損失が発生しないことになります。
このようなことから保証協会付融資は銀行は貸倒れの心配がない非常に安心できる融資ということになります。

保証協会付融資は銀行にとっては貸倒の心配がない安心できる融資

プロパー融資とは

これに対してプロパー融資とは保証協会の保証制度を利用しない融資です。
したがって万が一、融資の貸倒が発生すればそれは銀行の損失に直結することとなります。
つまりプロパー融資とは銀行にとっては非常にリスクが高い融資ということになります。

プロパー融資は優良企業向け

そのためプロパー融資は信用力が高く貸倒れの心配が相当低い先に限定した融資となります。

プロパー融資は銀行にとってはリスクが高い融資

プロパー融資と保証協会の協調

このようにプロパー融資はハードルが高い融資となりますが、可能であれば銀行からプロパー融資を受けたいところです。
保証協会付融資は限度額がありますから、プロパー融資を利用して保証協会の限度額を空けておきたいところです。

保証協会との協調でプロパー融資を受ける

プロパー融資は銀行の融資審査が厳しいと言えますが、保証協会付融資との協調でプロパー融資が受けられることがしばしばあります。
銀行単独のプロパー融資だけではなく、保証協会付融資を絡ませることでプロパー融資を実行しやすくなるのです。
例えば保証協会付融資で2,000万円が実行されるので同額の2,000万円のプロパー融資も実行するというような考え方です。
このように保証協会付融資を引き金としてプロパー融資を引っ張り出せることがあります。

プロパー融資と保証協会の関係のまとめ

以上、プロパー融資と保証協会の関係をまとめますと次のようになります。

まとめ

・保証協会付融資は銀行にとっては貸倒の心配がない安心できる融資
・プロパー融資は銀行にとっては非常にリスクが高い融資
・保証協会付融資とのセットでプロパー融資が実行されることが少なくない

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方, 信用保証協会融資
-