融資審査マンの見方

嘘の見積書で設備資金の申込み

設備資金融資を銀行に申し込む際には設備投資の見積書の提出が必要です。
行う予定のない設備投資に関する噓の見積書を銀行に提出して設備投資の融資が受けられるかどうかが今回のテーマです。

嘘の見積書に関する質問

飲食店を経営しています。
売上が良くなく資金繰りが厳しいので、銀行さんに借入の相談に行きました。
しかし銀行さんからは設備資金であれば検討出来るが、運転資金では無理だと言われました。
そこで知り合いの業者に店舗の改装の見積もりを作ってもらい、改装資金として銀行さんに相談することを考えています。
もちろん改装をするつもりはありません。
大丈夫でしょうか?

設備資金融資の銀行の審査手続き

設備資金融資の申し込みを受けた銀行ではまず設備投資全体でいくらの資金が必要となるのかを確認します。
そして当然ながら銀行が行う設備資金融資は設備投資全体の範囲内です。
この設備投資の金額がいくらになるのか、その金額の根拠として銀行では必ず見積書などのエビデンスの提出を求めます。

嘘の見積書もOK

この見積書を質問のケースのように業者に頼んで、あるいは業者と組んでそもそも実施するつもりのない噓の見積書を提出するとか、金額を水増しした嘘の見積書を銀行に提出しても銀行はそれが正しい見積書として受け取ります。
銀行はその見積書が嘘の見積書なのか、それとも正しい見積書なのかの区別がつかないからです。

噓の見積書で設備資金融資の審査が行われる

銀行では噓の見積書を正しい見積書だとして設備資金融資の審査が行われます。
返済能力などの審査手続きをして、その結果、噓の見積書に基づいた設備資金融資の審査が通過することはもちろんあります。
ただし、これで噓の見積書に基づいた設備資金の融資が銀行から受けられるかどうかはまた別です。

設備資金融資の資金使途管理

設備資金融資については銀行は特に融資の資金使途管理を厳格にしています。

融資契約時に業者への振込手続き書類を預かる

銀行では設備資金融資の資金使途管理の一環として、融資の契約手続き時に業者への支払手続き書類、具体的には振込依頼書とその資金である預金口座の出金伝票を一緒に預かります。
そして融資実行とほとんど同時にその振込手続きが行われます。
業者への支払以外に融資資金が流用されないようにするためです。
預金口座に融資資金が入金されて、あとはお客さんに業者への支払い手続きを任せるといった甘い対応は取りません。
したがって嘘の見積書に基づいた設備資金融資で本当は行わない場合でも、融資資金は嘘の見積書に記載されている業者に代金が支払われることとなります。
あとでその業者からその代金を戻してもらえれば良いですが、もしそのままだとしたら融資を受けた側は融資の返済義務だけが残るといった事態を招くこととなります。

決算書により事後の資金使途確認

設備資金融資の銀行の資金使途管理は融資実行時だけではありません。
設備資金融資後に初めて提出を受ける決算書により、本当に設備投資が行われたかどうかを確認します。
もし決算書の点検で設備投資を行っていないことがわかれば、その設備資金融資は資金使途違反となり、おそらく即時の全額返済を銀行は求めることになります。
そしてその銀行とは二度と新しい融資を受けることはできなくなります。

嘘の見積書の代償

噓の見積書に基づく設備投資は必ずそれが嘘であることがわかります。
また嘘の見積書に基づいて銀行から設備資金の融資を受けることは、これは詐欺です。
刑事事件として重い代償を被ることとなります。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-融資審査マンの見方
-, ,