当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

融資審査マンの見方

赤字でも融資が受けられるコツ

決算書が赤字だと銀行の融資姿勢は慎重になるのは事実です。
では赤字だと銀行は融資をしないのかと言えば決してそうでもありません。
実際に銀行の多くの赤字決算先に融資をしています。
赤字の場合に融資が受けられるコツを銀行員が紹介します。

赤字に対する銀行の第一印象

赤字
これは赤字決算に対する銀行員の思考を示したものです。
銀行の融資業務においてもっとも大切なことは融資のボリュームを増やすことではありません。
融資を最後まで回収することが銀行の融資業務においてはもっとも大切なことです。
万が一、融資が返済されない、融資が回収されないとなればそれは銀行が損失を被ることになります。
銀行も民間企業であるから収益を獲得しなければなりません。
したがって融資が焦げ付いて損失が発生することは銀行が絶対に避けたいところです。

赤字は返済ができないということ

この点において赤字というのは融資の返済ができないことを示しています。
銀行融資の返済原資は利益です。
赤字ということは利益がマイナスということですから、当然ながら返済能力がないとみなされるのです。

赤字決算先に対する銀行の本音

・銀行の融資業務においてもっとも大切なことは融資を最後まで回収すること
・赤字は融資の返済ができないということであり、赤字先に対して銀行が融資をしたくないというのが銀行の本音

赤字でも銀行は融資をする

では赤字であれば銀行は一切融資をしないのかと言えば、決してそうでもありません。
実際に赤字決算先に対しても銀行が多くの融資を行っています。
それはなぜかと言えば銀行は取引先に対して資金繰りの支援を行い事業の継続をバックアップする社会的な役割というものがあるからです。
そのため赤字であれば銀行は絶対に融資をしないということではないのです。

赤字の場合に絶対に必要なこと

もっとも赤字ということはさきほどのように返済ができないということですから、銀行の融資審査のハードルは高くなります。
赤字の状態で銀行に融資相談をする際には最低限次の2つを準備することが必要です。

赤字で融資相談する際の準備

1.今後の業績回復計画
2.赤字先自身の自助努力

今後の業績回復計画

この先もずっと赤字が続くようではどれだけ銀行に資金繰り支援の社会的役割があるからといっても融資は期待できません。
今後の受注見通しや売上回復に向けた戦略などを示しながら今後の業績回復計画を準備してください。
業績回復計画とは一言で言えば黒字回復に向けた動きです。
ただし実現不可能なバラ色の計画にする必要はありません。
そのような実現不可能な計画は銀行には逆効果です。
着実な計画の準備が必要です。

赤字先自身の自助努力

これは主に経費削減になります。
代表取締役の役員報酬の削減、移転による家賃の削減、不採算店舗の廃止などが主な内容になります。
単に銀行に資金繰り支援をお願いするだけではなく、自分自身でも努力をしますということを銀行に伝えることが大切です。

赤字で融資相談に行く銀行の選び方

そして赤字の場合にもう1つ工夫したいことがあります。
どの銀行に融資相談を行うかです。
取引銀行が1つの場合には選択の余地はありませんが、取引銀行が複数である場合にはどの銀行に融資相談をするかは実は重要なことです。

主力銀行に相談する

複数の銀行と融資取引がある場合、どの銀行に融資を申し込むのが良いと思いますか?
借入残高が少ないところでしょうか。
答えはやはり主力銀行です。
借入残高が少ない下位の取引銀行に「返済が随分と進んだからまた融資が受けられるかも」との考えは甘いです。
赤字の場合、そのような下位の銀行は「融資残高が少なくて良かった」と考えています。
そんな銀行に融資の相談をしてもほとんど相手にされません。
やはり日頃から取引密度が濃いと考えらえる主力銀行に融資相談をするのが王道です。
主力銀行というのは融資先の資金繰りを支えるという社会的な役割を負っています。
十分な金額の融資は難しいとしても、最低限資金繰りが維持出来る程度の融資は検討してくれるものです。

売上を入金している銀行

日頃から売上を入金している銀行に相談してみるのも1つです。
売上の入金が継続的にある銀行はその取引先のリアルタイムの業績を把握することが可能です。
また融資の保全という意味でいざという時には口座に入金になってきた売上金を差し押さえて融資の返済に強制的に充てるということも可能となります。
そのために売上入金がある銀行は入金がない銀行に比べて融資姿勢が寛容になることがあります。

個人取引がある銀行

仮に相応の個人的な預金を預けている銀行があるとします。
そうするとその銀行は決算内容に加えて個人の資産背景も加味して融資判断を行います。
つまり「会社は赤字だけど社長が相応の預金があるからいざという時には大丈夫」といった判断をする可能性があります。

赤字でも融資が受けられるコツのまとめ

以上、赤字の場合で銀行から融資を受けるコツをまとめますと次のようになります。

まとめ

・黒字回復に向けた業績回復計画を準備する
・役員報酬の削減など黒字回復に向けた自助努力を示す
・主力銀行に相談する
・売上の入金先の銀行に相談する
・個人取引がある銀行に相談する

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-融資審査マンの見方
-