銀行融資の基本 融資審査マンの見方 信用保証協会融資

設備資金の領収書提出について

設備資金の融資を銀行から受ける場合には、支払をした後に領収書の提出が必要となります。

設備資金の領収書に関する質問

先日、銀行さんから設備資金として店舗の改装資金を借りました。
銀行さんからは改装費用の支払先からの領収書の提出を求められています。
改装費用はきちんと支払っていますが、領収書はお願いしていません。
絶対に必要なのでしょうか?

領収書が必要な理由

銀行が領収書の提出を求めるのは設備資金の資金使途管理の点からです。
銀行は設備資金として融資を行った場合には、厳格に資金使途の管理を行っておりその使途の「証拠」として領収書の提出を求めるわけです。

融資実行時の資金使途管理

設備資金融資に関する銀行の資金使途管理は2段階で行われます。
最初は融資実行時です。
設備資金融資の実務においては一般的に融資契約時に業者への支払い手続きのための書類を一緒に銀行が預かることとなります。
具体的には業者への振込依頼書と振込代金用の預金の出金伝票(もしくは小切手)です。
そして融資実行日には設備資金の融資実行とほぼ同時に業者への振込手続きが行われます。
設備資金以外の支払に設備資金融資の資金が流用されないようにするのです。

融資実行後の資金使途管理

さらにですが、融資実行後に業者からもらった領収書の提出を銀行は求めます。
融資実行時だけではなく融資実行後においても銀行は資金使途を厳格に管理をしているのです。

信用保証協会保証付融資の場合

信用保証協会の保証付にて設備資金融資を利用した場合には、銀行経由ではありますが信用保証協会に対しても領収書の提出が必要となります。
設備資金の資金使途管理は融資を実行する銀行だけではなく、信用保証協会も行っているのです。

信用保証協会に領収書を提出しない場合

仮に信用保証協会に領収書の提出をしない場合には、領収書の提出がない限り、その後は信用保証協会は新規の保証を行いません。
信用保証協会が新規の保証を行わないということは信用保証協会保証付融資が受けられないということです。
今後のスムーズな資金調達に大きな支障が出てきます。

手元に領収書がない場合

業者より領収書を徴求しないこともあるかと思います。
このような場合にはまずは業者に領収書の発行を依頼してください。
「銀行から言われている」と伝えても構いません。
それでも領収書の発行が受けられない場合には、振込をした際の領収書を業者からの領収書の代わりとして銀行に提出をしてください。
そもそもですが、設備資金の融資を受ける場合にはあらかじめ業者に領収書を発行するように伝えておくことが望ましいと思います。

設備資金の領収書提出まとめ

以上をまとめますと次のようになります。

設備資金の領収書提出まとめ

・設備資金融資に対しては銀行は厳格な資金使途管理を行っている
・信用保証協会も厳格な資金使途管理を行っている
・領収書の提出を行わないと今後の融資が受けられなくなる
・領収書がない場合には振込の領収書を代わりに提出をする

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方, 信用保証協会融資
-,