銀行融資の基本

手形貸付と手形割引の違い

手形貸付と手形割引は共通点もあれば違いもあります。
手形貸付とは、手形割引とはを説明し共通点と違いを案内します。

手形貸付とは

手形貸付とは銀行の融資形態の1つであり、銀行に手形を差し入れて融資を受けることを言います。
銀行に差し入れる手形は融資の債権書類としての位置づけです。

手形割引とは

手形割引とは売上代金として販売先から受け取った手形を銀行に割り引いて買い取ってもらうことです。
手形には支払期日というものが定められています。
支払期日になって初めて手形は現金化となり通常は預金口座に入金となり使用できることとなります。
手形割引とはこの支払期日前に銀行に買い取ってもらうことにより、支払期日前に現金として利用できるようになります。

手形貸付と手形割引の共通点

手形貸付と手形割引の共通点としてはどちらも融資だということです。
手形貸付は手形を銀行に差し入れることで融資を受ける方法ですから手形貸付が融資だということは理解がしやすいと思います。
では手形割引がなぜ融資なのでしょうか。

手形割引には買戻し義務がある

手形割引とは手形の支払期日前に銀行に買い取ってもらうことで手形を現金化することでした。
銀行が買い取って支払した資金は支払期日に手形の振出人が支払うことで銀行は買取した資金を回収することになります。
このため手形割引はなかなか融資というイメージが持ちづらいと思います。
手形割引というのは支払期日前に銀行が代金を立て替えて支払うものです。
銀行が立て替えて支払うわけですからこの点に融資の性質があります。
また支払期日に手形の振出人が支払ができなかった場合、その手形は不渡り手形ということになります。
手形が不渡りになれば銀行は支払期日前に立て替えて支払った資金を回収することができなくなります。
このように手形割引をした手形が不渡りになった場合に銀行は手形を買い戻すように要請することができ、銀行から要請を受ければ手形を買い戻さなければなりません。
ここにも手形割引が融資だという性質があるのです。
したがって手形貸付も手形割引も銀行からすれば同じ融資だとしてそれぞれ融資の審査が行われています。

手形貸付と手形割引の違い

手形貸付と手形割引が同じ融資だとしても違いがあります。
それは手形の性質の違いです。

手形貸付の手形は債権書類

一般的に銀行から融資を受ける場合には融資の契約を行います。
金銭消費貸借契約がその代表的なものでしょう。
融資を受ける会社等は銀行に金銭消費貸借契約という書類を差し入れて銀行から融資を受けることになります。
金銭消費貸借契約書は銀行から見ると融資の事実を証明する債権書類という位置づけです。
手形貸付の債権書類は何かと言いますとそれは手形そのものです。
融資を受ける会社等は融資を受けるために手形を発行してそれを銀行に債権書類として差し入れを行うのです。
手形を債権書類として銀行に差し入れることによる初めて融資が成立することとなります。

手形割引の場合

一方で手形割引の場合には割り引いてもらうために新たに手形を発行することはありません。
手形貸付の場合には新たに手形を発行しましたが、手形割引では割引を受けるために新たな手形を発行することはありません。
ここが手形貸付と手形割引の違いです。
では手形割引に使う手形は何かと言いますと、それは売上代金として回収した手形そのものです。
売上代金として販売先から回収した手形そのものを銀行にもっていって買い取ってもらうのです。
手形貸付は融資を受けるために新たに手形を発行する、手形割引は売上代金として回収した手形をそのまま使うところに手形貸付と手形割引の違いがあります。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本
-,