当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

銀行融資の基本 融資審査マンの見方

社長に借金があると会社の融資に影響しますか?

中小企業の融資で特に話題になることですが、社長に借金があると会社の融資に影響するかどうかというテーマです。
原則としては会社と社長は別人格ですから関係がないのですが、やはり社長の借金が会社の融資に影響することがあります。
融資担当の銀行員が説明をします。

社長の借金が会社の融資に影響するかどうかの結論

社長の借金は会社の融資に影響する

会社と社長は本来は別ですが特に中小企業においては社長の借金が会社の融資に影響することがある

会社と社長は本来は別個

会社と社長は基本的には別人ですから会社宛の融資に社長の借金は影響しないのが一般的な考え方です。
しかし中小企業の場合には社長の借金が会社の融資に影響することがあります。

中小企業と社長は実質一体

上場企業のような大企業の場合には基本的に会社と社長個人とは完全に分離されています。
一方で中小企業の場合にはよくオーナー企業と言われるように中小企業の経営は社長一人が実質的に支配していることが少なくありません。
現実にも中小企業の社長は「会社は俺の物」と考えている方が多いのではないでしょうか。

銀行は中小企業と社長を一体と考えている

銀行は特に融資分野においては中小企業と社長は一体と考えて融資の判断をしています。
ここで社長の借金が会社の融資に影響してくるのです。
どのような場合に社長の借金が会社に影響をしてくるのかを説明します。

社長の借金の種類が問題


社長に借金があるからといって直ちにそれが会社の今後の借入可否に影響を与えるわけではありません。
問題になるのは社長の借金がどのような種類であるのかという点です。

社長の借金が住宅ローンの場合

社長の借金が住宅ローンである場合、これはまったく問題はありません。
社長が住宅ローンを利用して自宅を購入する、まったく問題ないですね。

社長の借金が銀行のカードローン

次は銀行のカードローン。
この場合もまず問題はありません。
社長の個人的な趣味などのためにその費用の一部を賄うためにカードローンを利用することも特段、問題にするようなケースではありません。

社長の借金が消費者金融である場合

最後に社長の借金が消費者金融のような高利の借金がある場合です。
社長の借金が消費者金融の場合には会社の融資に影響してきます。
高金利な借金は誰もが避けたいと考えます。
しかし高金利であっても借金をして資金を用意しなければならないということは社長個人の資金繰り事情がかなり苦しいことが想像されます。
会社と社長とは一体であると考えますから、事態の推移によっては会社のお金を社長に流用することも考えられるようになります。
このような状態で会社に融資をすることは、その資金が社長宛に流用されるのではないか、あるいは社長の高金利な借金の返済に充てられるのではないかと銀行は考えてしまうのです。
また社長がこのような高利な借金に手を付けるということは会社そのものの資金繰りも相当に苦しいのではないかと銀行は考えてしまいます。

会社と社長間の資金の貸借について

さて参考までに会社と社長との間の資金の貸し借りがある場合について、会社の融資に影響するのかどうかを説明します。

社長が会社のお金を貸している場合


これは中小企業においてはよくあることですね。
会社の資金繰りを社長個人のお金で支えているケースです。
銀行などの金融機関から借入をすると利息がかかりますし返済もしなければなりません。
もちろん社長からの借入金も会社からみれば借入ですから返済しなければならないものですが、実際は会社の資金に余裕がある時に返済するなど臨機応変な対応が可能です。
社長が会社にお金を貸している場合には銀行は問題視しません。

社長に会社がお金を貸している場合


今度はさきほどとは逆のパターンで会社が社長にお金を貸し付けているケースです。
これは何のために会社が社長にお金を貸し付けているのかが問題です。
さきほどの社長が会社にお金を貸し付けているケースほど多くはないですが、時々見受けられるケースです。
社長の住宅取得のために会社がお金を貸し付けているのであればまだ良いのですが、社長の個人的な趣味などのためにお金を貸し付けているケースですとあまりよろしくありません。
中には会社の表には出せない交際接待費を社長への貸付金にて経理処理しているケースも見受けられます。
この種の社長への貸付金はその資金が会社に戻ってこないケースが少なくなく、会社の事業用の資金を社長個人の目的のために流用しているとも捉えることが出来ます。
銀行としても問題視するパターンです。

社長に借金があると会社の融資に影響しますか?のまとめ

以上、社長の借金が会社の融資にどのような影響を与えるかについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・中小企業においては会社と社長は一体だと銀行は考えている
・そのため社長の借金が会社の融資に影響することがある
・社長の借金が住宅ローンや銀行カードローンの場合には会社の融資に影響はない
・社長の借金が消費者金融である場合には会社の融資に影響してくる
・社長の借金が消費者金融である場合には会社が融資を受けられない可能性が高くなる

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-