資金繰り

売掛金のサイトとは?

売掛金のサイトとは売掛金が現金化するまでの期間のことです。
売掛金のサイトは資金繰りに大きな影響を及ぼしますのでとても重要な事柄です。
売掛金のサイトが資金繰りに与える影響について説明をします。

売掛金とは

飲食店に代表される現金商売とは異なり、多くの事業では掛売りが取り入れられています。
簡単に言えばツケで売るということです。
代金は例えば1か月後に払ってもらうことにして物やサービスを提供することが掛売りです。
つまり売上が発生してもその代金はすぐに回収されるのではなく、1か月後になって代金が回収でき手元にお金が入ってくるということです。
この売上が発生してから代金を回収するまでの間は姿を財務用語で売掛金と呼ばれています。
簡単に言えば売掛金とは売上が発生したもののまだお金を回収していない債権のことです。

売掛金のサイトとは

売掛金とは売上が発生したもののまだお金を回収していないものでした。
そして販売先との約束に基づいてまだ回収できていないお金は約束した将来の日に回収することになります。
売上代金は売上が発生してから約束した将来の日になってはじめてお金として回収できることになります。
売掛金のサイトとはこの売上が発生してからお金が回収できるまでの期間のことです。

売掛金のサイトは資金繰りの大きな影響

次の図をご覧ください。
売掛金サイト
これは1つの例として売掛金のサイトが15日の場合と30日の場合の現金化、つまりお金を回収するまでの影響を比較した図です。
月末に売上が発生したとします。
売掛金のサイトが15日の場合には翌月の15日にお金が回収できる、つまり売掛金は現金化されます。
これに対して売掛金のサイトが30日の場合には翌月末になってようやくお金が回収できる、つまり売掛金が現金化されることになります。
売掛金のサイトが15日の場合には翌月の15日は手元にお金が入ってきますから、翌月の後半には例えば給料の支払とか仕入の支払にそのお金が使えることになります。
これに対して売掛金のサイトが30日の場合には翌月末になってはじめて手元にお金が入ってきますから、翌月の給料の支払とか仕入の支払には間に合いません。
この間は手元の資金などで立替をしなければならないということです。
どちらが資金繰りにおいて楽になるかと言えば、それは当然売掛金のサイトが15日の方です。
売掛金のサイトが15日の場合には翌月の前半のそのお金が使えませんが後半には使えます。
一方で売掛金のサイトが30日の場合には翌月はすべてそのお金が使えません。
つまり売掛金のサイトは資金繰りに大きな影響を与えるのです。
そして売掛金のサイトが長ければ長いほど資金繰りが苦しくなるということです。

売掛金のサイトの管理はとても重要

このように売掛金のサイトが短い、長いという期間は資金繰りの大きな影響を与えます。
手元に立て替えるだけの資金の余裕がなければ銀行から運転資金の融資を受ける必要が出てきます。
資金繰りにおいては売掛金のサイトを短くした方が良いのですが、一方で大切な販売先という相手方との関係もありますから決して簡単ではありません。
売掛金のサイトは短くしてくれと依頼すれば販売先から「資金繰りが苦しいのか?」などと足元を見られてしまう可能性も出てきます。
そのため既存の販売先との売掛金のサイトの短縮化は非常に難しいものがありますから、今後の新規の販売先とは可能な限り短い売掛金のサイトとなるように交渉をしましょう。
また既存の販売先との関係においても約束した日にきちんと支払ってくれているかどうかをきちんと管理をしましょう。
そうでないと自社の資金繰りの首を絞めることになります。

関連コンテンツ

-資金繰り
-