銀行融資の基本 資金繰り

銀行融資の口数をまとめる

銀行から必要な時に追加融資を受けていると融資の件数がどんどん増えていきます。
返済の管理が大変になりますし、返済額も増加していきます。
資金繰りに問題がなければこれで良いのですが返済負担が重いと感じれば一度銀行に融資件数をまとめることを相談してみましょう。

融資の口数が多い

ある年商5,000万円ほどの会社の実例です。
借入明細
この会社には現在上記5口の融資を行っており、現在の借入合計は2,100万円余りです。
そして毎月の返済額は5口合計では1,114千円の返済となっています。
年商5,000万円ほどの会社ですから、月商はおよそ420万円となります。
つまりこの会社の毎月の返済額は月商の1/4の水準になっています。
月の売上の1/4を融資の返済に充てないといけないとなると、仕入資金の支払や給料などその他の支払もあるわけですから資金繰りは決して楽ではないと想像されます。
一方で現在の借入合計は2,100万円余りですから、ざっと年商の4割です。
年商の4割の借入金というのは決して少ないとは言えませんが、一方で借入過多とまでは言えない状態です。
借入が過多でないにもかかわらず毎月の融資の返済額は月商の1/4を占める水準で高い状況になっています。

なぜ返済額多いのか

なぜ借入金の絶対額は大した水準ではないにも関わらずこれだけ返済額が多いのかというと、それは融資の口数が5口あることが理由です。
この会社の現在の借入残高はさきほどのとおりおおそ2,100万円ですが、毎月の返済額のもとになる借入金は5口それぞれの当初融資額を合計は4,000万円です。
つまり当社は4,000万円の借入金を3年間で返済するとの同じ形態になっているのです。
4,000万円というのは当社の現在の借入額の倍ですし年商対比8割に及ぶ水準です。
毎月の返済額は借入額が年商の8割に及ぶ水準をもとに計算されていることになります。

融資口数集約による返済負担軽減

このように融資口数が多くなると毎月の返済負担が大きくなります。
したがってこういう状態のときは一度取引銀行に一口に融資をまとめることは出来ないか相談してみてください。
必ず一口にまとめることが出来るとは言い切れませんが、融資の一本化が実現できる場合も結構あります。
現に私も実際の実務で融資口数をまとめたことはいくらでもあります。
ちなみに現在の当社の借入残高の約2,100万円を3年で返済する場合は毎月の返済額はざっと60万円です。
現在の毎月の返済額1,114千円対比月々50万円ほどの返済負担軽減が実現します。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 資金繰り