銀行融資の基本 融資審査マンの見方

設備投資資金の内容変更について

質問

宿泊施設を経営しております。
2年前、日本政策金融公庫様に設備投資融資の申し込みを行いました。
内容は館内設備改修とLED化についてです。
約1億円の見積もりを提出しましたが、融資実行可能額は3000万円。
ということでその改修計画の中の3500万円分を改修計画として再度提出し、昨年2月に認可実行となりました。
融資実行後、LEDについては工事を行い(約2100万円)ましたが、他工事については優先順位が高い(すぐ売り上げにつながる)という理由で、見積もりで提出した以外の設備投資工事を行いました。
※これも当初提出した設備投資計画に含まれてはいます。(約1300万円)
また、万一融資が実行されなかった場合に備え、業者には予め分納の話をしており、融資実行後一括払いではなく分納で支払いをしました。
全額設備投資に使えば問題ないと思い、日本政策金融公庫様にはこの事はまだ伝えておりません。
領収書の提出を求められた際は、確実に払い込む金額であるからという理由で融資該当分の領収書を業者から発行してもらいました。
全額設備投資に使ったのは間違い無いですが、使途流用と言う当サイトに行き着き、無知の故そこに該当してしまうのではないかと心配しています。
日本政策金融公庫様にはどのような資料を持ち、説明に伺えばよいか、アドバイスをお願いいたします。

回答

設備資金については使途管理を金融機関は厳格に行っています。
使途管理の一環として領収書の提出は必須とお考えください。
提出を求められる領収書は2回目に提出された3,500万円の見積書に記載されているものとなります。
当初提出された見積書に記載されていても、金融機関が使途管理の対象としているのは3,500万円の見積書に
記載されているものとなります。
従いまして今回3,500万円の見積書に記載されていない設備支払いの領収書は対象外となります。

今後の対応ですが、日本政策金融公庫より領収書の提出の連絡がある前に、設備投資変更の事実をきちんと説明されることをお勧めします。
私見ですが、見積書に記載されていないだけであって、あくまでも館内設備に関するものですから、事情を説明すれば納得が得られるのではないかと考えます。
これが館内設備とはまったく関係のない支出であれば問題となりますが、今回はそのようなものではないと思われますので了解が得られるのではないかと考えます。

関連コンテンツ

カテゴリー

タグ一覧

記事検索

お問い合わせ

即日融資で人気の商品

【第1位】ビジネスローン

ビジネスローンの世界では最古参の実績があります。
歴史が長く多くの事業会社が利用しており高い信頼性があります。

審査から最短即日で融資可能となっています。

【第2位】プロミス

三井住友銀行100%子会社のキャッシングサービスです。
最短1時間での融資が可能です。
顧客満足度が最も高い金融商品です。

【第3位】資金調達プロ

こちらは融資ではなく売掛金を活用した資金調達商品(ファクタリング)です。
そのため銀行等から融資が受けられない場合でも対応可能です。
10秒で資金調達がいくら可能かがわかるのが人気の理由です。

おすすめ記事

1

個人の方でお金がすぐに必要だという時にキャッシングの即日融資はとても強い味方になってくれます。 しかし本当に即日に融資が受けられるのかどうか疑問に感じられている方も少なくないと思います。 ここでは管理 ...

2

月末の支払資金が不足している、予定していた入金が遅れることになり資金繰りが危ない・・・。 いろいろな理由で急に資金手当てをしなければならないことになり融資が必要となることもあります。 最も大切なことは ...

3

初めてキャッシングを利用されている方にこれだけは押さえておいてほしいというポイントを1つだけ説明します。 とても大切なことです。 キャッシングの特徴 大切なポイントをご案内する前にまずはキャッシングに ...

4

資金繰りのためにどうしても銀行から融資を受けたいが、赤字など業績が悪いなどの理由で融資が受けらない状況に落ちってしまった場合、そのままでは破綻してしまいます。 精神的にも追い詰められた状況だと思います ...

5

よく「運転資金が足らない」という言葉を耳しませんか? 事業を営んでいる上で運転資金は基本的に常に必要で資金繰りにも大きな影響を及ぼすものです。 ここでは運転資金とはいったいどういうものなのかを整理して ...

6

カードローン・キャッシングは必要な時にすぐに借入が出来るとか利用可能額までは繰り返し借入が出来るなど便利ですから急な出費の備えとして準備しておきたいところです。 しかし金利が高いというのが気になって悩 ...

7

赤字決算の場合、資金繰りが苦しくなり融資を受けたいところですが銀行は融資に慎重姿勢になります。 一方で赤字決算でも融資を新規に受けている会社(個人事業主)はたくさんあります。 赤字決算の場合の銀行への ...

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5