融資審査マンの見方 銀行の本音

「借りられるだけ借りたい」はもっともまずい融資申込方法です

時々あるのですが融資の申込をされるお客さんから「借りられるだけ借りたい」と言われることがあります。
しかしこの「借りられるだけ借りたい」というのは銀行からするともっとも構えてしまう融資申込の1つです。
なぜ「借りられるだけ借りたい」という融資申込がだめなのかを説明します。

危なさを感じる

あなたが友人から「悪いけどお金を借りられるだけ借りたい」と言われたらどのように感じますか。
おそらくその友人は相当お金に困っていると感じるのではないでしょうか。
そしてお金に困っている友人に可能な限りのお金を貸そうとしますか?
貸しても返してくれないのではないかと感じませんか?
銀行も同じです。
融資の申込に来られたお客さんから「借りられるだけ借りたいのですが・・・」と相談を受ければ、銀行は安心して融資を検討することはできません。

融資希望額を明確にする

銀行の融資審査はお客さんから例えば1,000万円を貸してくださいと申込を受け、1,000万円が融資できるかどうかを審査します。
決していくらまでなら貸せるといった融資審査は行っていません。
お客さんから具体的な金額での融資申込を受けてその金額の融資が可能なのかどうかを判断しているのです。
金額が未定のままで融資の審査を行うことはありません。
したがって銀行に融資申込を行う際には具体的な希望金額を明確に伝えることが大切です。
「借りられるだけ借りたい」などと金額が曖昧では銀行に警戒心を抱かせるだけです。

望ましい融資申込方法

では銀行への望ましい融資申込はどのようにしたら良いのでしょうか。
ここでは運転資金の融資申込を例にご案内します。

必要な総額を明らかにする

売上の不振が続いており、このままで今後1年間で1,000万円ほどの資金不足に陥る懸念があるとした場合、まずはその事実をしっかりと伝えてください。

必要額全額を借りたいのかそれとも一部を借りたいのか

この場合、銀行として受け入れしやすい融資申込方法は「1,000万円の資金不足の懸念があるが手元資金で300万円はあるので、残りの700万円を借りたい」と自助努力を示すことです。
このような融資申込の場合は自助努力を行っているとして銀行からするとそのお客さんの姿勢を評価したくなります。
「借りられるだけ借りたい」とは雲泥の差です。
もし手元資金がほとんどないのであれば、それはそれとして手元資金に余裕がないことを説明して1,000万円を全額借りたいと言えば良いでしょう。
この場合も「借りられるだけ借りたい」とは雲泥の差です。

まとめ

このように銀行は必要な金額があってそのうちいくら借りたいのかといった融資申込を歓迎します。
必要な金額の説明があるということはお客さんがきちんとこの先の資金繰り見通しをあらかじめ確認しているということでもありますから、銀行の安心感が増します。
間違っても「借りられるだけ借りたい」はだめです。
このお客さんは何も考えていないと銀行の思われ、融資を受けることは絶望的になります。

関連コンテンツ

-融資審査マンの見方, 銀行の本音

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5