銀行の本音 資金繰り

主力行主導のリスケに対する他行の思い

先日、取引先の社長から「主力銀行と相談してリスケをお願いすることにしました。今月分から返済を止めていただきたく取り急ぎ電話で失礼します」との連絡がありました。
それから10日が経過しますがこの社長からは連絡がありません。
リスケにおける主力銀行以外の取引銀行の思いを説明します。

主力銀行との相談は当然

他の記事でも説明をしていますが、リスケは取引銀行は同じ条件で応じることが成否のカギです。
ある銀行は返済をストップし、別の銀行には今まで通り返済を続けるという理屈は通用しません。
リスケは銀行にとっても痛みを伴うものですから、その痛みをすべての取引銀行が平等に受けることがリスケの絶対条件だからです。
しかし1つ1つ銀行に相談するには時間がかかりますから、現実的にはまず主力銀行と相談しリスケの方向性を決めることとなります。
主力銀行とリスケの大筋を決めることは間違っていません。

追加の連絡がほしい

リスケの要請に至るにはいろいろな事情があったはずです。
主力銀行とはその事情を共有してリスケを要請するという結論を出したものだと思います。
しかし今回のように単なる電話連絡だけでは主力銀行以外の取引銀行はなぜリスケの要請に至ったのが、その背景がわかりません。
リスケに応じるには銀行内できちんとして稟議を行う必要があります。
通常は本店決裁マターです。
したがってリスケに至る経緯などをきちんと取引先から説明を受けて把握しておくことが必要です。
電話連絡だけではリスケに至った背景を把握することは不可能です。
この社長に言いたいことは取り急ぎの電話連絡は良いとしても、その後のきちんと主力銀行以外の取引銀行に出向いて説明をしなさいということです。
それが取引をしている相手への礼儀です。

明日こちらから連絡をします

10日間待ちましたがこの社長からは最初の連絡から一度も連絡がありません。
最終的には主力銀行やその他の取引銀行が足並みをそろえてリスケに応じる結論になりますが、やはりその前段階で主力銀行以外の取引銀行にはきちんとリスケに至った背景などを説明すべきです。
ここは礼儀の問題です。
リスケにより資金繰りが維持されて事業の継続の可能性が高まります。
そのために銀行の言い分かもしれませんが、痛みを抱えて銀行はリスケに応じるのです。
しっかりとして説明があったしかるべきです。
なぜ連絡がないのか・・・。
残念でなりません。
明日こちらから連絡する前に連絡が来ることを祈っています。

関連コンテンツ

-銀行の本音, 資金繰り
-