銀行融資の基本

銀行融資を延滞するとすぐに不動産は処分されますか?

不動産担保は銀行にとっての代表的な融資の保全策です。
万が一融資の返済が滞った場合には不動産を競売などで処分してその売却代金にて融資の回収に充てることとなります。
ところで銀行は融資の返済が延滞となったらすぐに不動産担保を処分するのでしょうか?

不動産担保は銀行融資の最後の回収手段

不動産担保でもって銀行融資を受けているケースは多いと思います。
不動産「担保」ですから、銀行融資が万一返済不能となった場合、銀行は不動産を競売等にて換金し、融資の回収に充てることになります。
銀行としては融資先に万が一のことがあり融資の返済が困難になった場合に備えて、融資の回収手段を確保することが必要となります。
その万が一の場合に備えることが融資の保全と言われているものですが、その保全の代表的なものが担保です。
担保以外には保証人の徴求があります。
そして担保の代表的なものが不動産担保です。
不動産の価格はもちろん変動はしますが、株式のように大きく変動することはなく相対的に価格が安定していますから、融資の保全策として銀行としては歓迎できるものなのです。

どれくらいの期間で不動産担保が実行されてしまうのか

では銀行融資を延滞してどれくらいの期間で不動産を処分されるかどうかですが、これはケースバイケースです。
一定のルールがあるわけではありません。
ただ1つ言えることは不動産の処分は銀行にとっても最後の回収手段だということです。
銀行融資の返済は基本的には融資先の事業でもって返済されることを期待しています。
銀行融資を延滞したからといって、まだ事業を継続していく道があるのであれば、原則として不動産の処分は回避し、事業の存続を優先し融資の返済を受けることになります。
延滞が発生してからといった機械的に直ちに不動産担保を処分するわけではありません。

融資先の事業の継続性

不動産担保を処分して融資の回収を行うかどうかの判断材料はいろいろとありますが、大きな判断材料の1つに融資先が事業を継続できるかどうかという点があります。
融資先が今後の事業を継続することができ、少しずつになるかもしれませんが融資の返済が可能だと判断できれば不動産担保を処分することはないでしょう。
銀行としては不動産担保の処分はあくまでも最後の手段であり、本音を言えば不動産担保を処分して回収するような強硬策は取りたくはありません。
あくまでも融資先の事業収入のなかから返済が進んでいくことを望んでいます。
したがって融資の返済を延滞してしまった時には速やかに銀行に事業を伝える機会を設けてください。
事業の継続に向けての施策などを説明し、銀行の支援協力が得られるよう相談を行ってください。
銀行は聞く耳は間違いなく持っていますから。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5