銀行融資の基本 融資審査マンの見方

融資実行後に決算書の提出を求められますか?

銀行に融資の申し込みをする際には決算書の提出が必ず必要です。
今回は設備資金の融資との関係で融資後に銀行から決算書の提出を求められるかどうかというテーマです。

融資実行後の決算書の提出に関する質問

設備資金の融資を銀行に申込をしており、まもなく審査が終わって融資が実行される予定です。
今回の設備資金は店舗の内装工事に関わるものですが、銀行からは融資契約時に内装工事業者への代金振込手続きの書類も一緒に預かると言われています。
設備資金の融資実行と同時に内装工事業者に代金を振込ます。
そこでですが、銀行からは融資実行後に決算書の提出を求められますでしょうか。
この内装工事業者とは以前もつきあいがあって、少し代金をまけてもらう約束をしています。
融資実行後に振込がされたあとにその代金を戻してもらうつもりで、運転資金に利用しようと考えています。
しかし融資実行後に決算書を銀行に提出すると、このことがわかってしまうのではないかと心配をしています。
融資実行後に銀行から決算書の提出を求められたりするのでしょうか。

融資期間中は決算書の提出を求められる

銀行は融資先に対しては融資が残っている間は継続的に決算書の提出を求めます。
融資申し込み時だけ銀行は決算書の提出を求めるわけではありません。

銀行が継続的に決算書の提出を求める理由

融資後も銀行が継続的に決算書の提出を求める理由は、定期的に業績の状況を確認して残っている融資の回収(返済)に懸念がないかどうかを確認するためです。
銀行が継続的に決算書の提出を求める理由としては、融資営業など前向きな目的もありますが、基本は融資後の融資の回収(返済)に懸念がないかどうを確認するためのものです。

設備資金の資金使途違反

さて今回の質問のケースですが、工事代金を支払った後に代金の一部を戻してもらってそれを運転資金に流用することは資金使途違反です。
融資後に決算書を銀行が求める理由はさきほどの業績確認が主な目的ですが、特に融資直後の決算書については融資が資金使途通りに使用されているかどうかを事後確認することも目的です。

資金使途違反の代償

さて融資の資金使途違反の代償ですが、これは次のとおりです。

資金使途違反の代償

・融資全額の返済を求められる
・資金使途違反の部分の返済を求められる
・二度と融資は受けられない

資金使途違反の代償は重いです。
まずは融資全額につき即時一括返済を求められてもおかしくはありません。
資金使途違反は契約違反です。
契約の違反したのですがからその契約、つまり融資を破棄されて全額一括返済を求められる可能性があります。
今回の質問のケースですと設備資金全額の一括返済です。
仮に融資全額の返済を求められないとしても資金使途違反した部分の融資は返済を求められます。
決してそのままで済むということではありません。
さらにもっとも重い代償になるかもしれませんが、これは二度とその銀行からは融資を受けることはできません。
資金使途違反をするような顧客を銀行は顧客とは見做しません。
二度と取引をしようとは銀行は考えません。

融資後の決算書提出に関するまとめ

以上、融資後の決算書の提出に関することをまとめますと次のようになります

まとめ

・銀行は融資がある間は継続的に決算書の提出を求める
・継続的に決算書の提出を求める理由は融資の回収(返済)に懸念がないかどうかを確認すること
・また融資直後は資金使途の事後確認のために決算書を確認する

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-銀行融資の基本, 融資審査マンの見方