信用保証協会融資

信用保証協会保証付融資なのになぜ銀行は連帯保証人を要求するのですか?

信用保証協会保証付融資では銀行は公的な機関である信用保証協会の保証を得て融資を実行するわけですから万が一のときの回収リスクもほとんどない優良な融資です。
それにも関わらず銀行は中小企業向けに信用保証協会保証付融資を行う場合、その代表者をさらに連帯保証人として求めます。
つまり銀行は融資を行うに当たって信用保証協会と会社の代表者の2つの保証を得るわけです。
信用保証協会の保証がつくのだからそれで十分なのではと疑問に思われるのはある意味もっともだと思います。

連帯保証人の徴求は信用保証協会の指示

その理由は信用保証協会から会社の代表者を連帯保証人として徴求するように求められているからです。
融資先からの回収が困難な場合、まずは会社の代表者たる連帯保証人に返済を求めて、それでも無理な場合に初めて信用保証協会が銀行に返済することになっています。
つまり信用保証協会の保証は2次的なものであって、まずは当事者たる会社の代表者つまり連帯保証人に請求することになっているのです。
別の言い方をすれば会社の代表者を連帯保証人に徴求してはじめて信用保証協会の保証が有効になるのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会融資
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.