銀行の本音 資金繰り

資金繰りが厳しい場合にはどの取引銀行に融資相談すべきか

資金繰りが厳しい状態になる時はどのような事業者においてもあることです。
資金繰りが常に安定している事業者などは存在しません。
さて資金繰りが厳しい場合にはどの取引銀行に相談すべきかを説明します。

銀行の本音

資金繰りが厳しい事業者からは銀行は融資相談を受けたくないというのが本音です。
なぜなら資金繰りが厳しいということは融資の返済も当然、厳しいということです。
銀行としては融資は必ず最後まで返済してもらわなければなりません。
もし返済ができなくなり貸倒が発生すれば、それは銀行の損失につながるからです。
そのため融資の返済が危ない資金繰りが厳しい事業者からは融資の相談を受けたくないというのが銀行の本音となります。
しかし資金繰りが厳しい場合には銀行から融資を受けて資金繰りを安定させたいと考えるは自然なことです。
では資金繰りが厳しい場合にはどの取引銀行に相談に行けば良いのでしょうか。

まずは主力銀行に相談する

主力銀行というのは融資先の資金繰りを支援して事業の継続を支える社会的な役割があります。
もっともどのような場合でも融資により資金繰りを支援してくれるとは限りませんが、他の取引銀行に比べたらはるかに資金繰りの支援が受けられる可能性が高いと言えます。
残高が減っている他の取引銀行に相談に行っても、融資による資金繰り支援は現実には厳しいです。
それどころか「融資残高が減っていて良かった」などと考えているほどです。
主力銀行は主力先の取引先から資金繰りの支援を受けた場合には「どうにかして支援する方法はないか」と考えるものです。

主力銀行とは

ところで主力銀行とはどのように決まるのでしょうか。
一般的には融資額が一番多い銀行が主力銀行と言えます。
しかしケースによっては融資額は1番目ではなく2番目、3番目であるが、売上入金を集中しており日頃の支払もその銀行を使用しているということであれば、そのような銀行が主力銀行とも言えます。
したがって資金繰りが厳しい場合の取引銀行の相談先としては融資額が一番多いところか、主に売上入金に利用している取引銀行に相談にいってください。

取引銀行のシェアに応じた資金繰り支援

もう1つの考え方として取引銀行の融資シェアに応じて各取引銀行はそれぞれ融資をして資金繰りを支えるという考え方もあります。
この場合もまずは主力銀行に相談に行くことになるですが、主力銀行だけでは資金繰りを支えるのが重荷の場合には取引銀行の融資シェアに応じた資金繰り支援ということが提示されることがあります。
主力銀行以外の取引銀行としても融資先に無責任というわけにはいきません。
それぞれの取引銀行の融資シェアに応じて取引銀行が分担して融資先の資金繰りが厳しい状態を支えるということはよくあることです。

資金繰りが厳しい場合の銀行相談のまとめ

資金繰りが厳しい場合に銀行相談についてまとめると次のようになります。

・まずは主力銀行に相談に行く ・次に主に売上入金が多い銀行に相談に行く
・主力銀行に相談した上で取引銀行が融資シェアに応じた資金繰り支援をするように相談をする


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行の本音, 資金繰り
-