個人の借金

住宅ローンでいくら借りられるか?

住宅ローンでいくら借りられるか?
とても関心が高いテーマだと思いますが、住宅ローンがこの先長く付き合っていかなければならないローンです。
いくら借りられるかではなくいくらなら返せるかが正しい判断です。

いくらの物件が変えるのか

「いくらの物件を買えるか」は「いくら借りるか」にかかっている
以前は、頭金は物件価格の2割は準備しましょう、と言われていました。
昔の銀行の住宅ローンにおいては購入価格の満額までの利用は難しい時代がありました。
最低でも2割の自己資金を準備することが必要だと言われていましたが、これは銀行の住宅ローンが最高でも購入価格の8割が限度であったからです。
したがって例えば5,000万円のマンションを購入したい場合には、最低でも5,000万円の2割、つまり1,000万円の自己資金が必要でした。
これは銀行の住宅ローンが最高でも購入価格の8割、つまり4,000万円しか利用が出来なかったからでした。
しかし今では購入価格の全額まで住宅ローンが利用できるケースが増加しています。
つまり自己資金がなくても購入価格全額の住宅ローンを利用することが出来る可能性があるということです。

本当に全額借入して大丈夫ですか

住宅ローンが5,000万円を利用するか4,000万円を利用するかでは当たり前ですが1,000万円の違いがあります。
つまり1,000万円の借金が多く抱えるということです。
ローンの毎月の返済額がローンの利用金額によって異なってきます。
住宅ローンの利用金額が多ければ多いほど毎月の返済額は増加していきます。
住宅ローンの返済以外にも日々の生活費にお金がかかります。
住宅ローンの返済のためにさみしい生活を送るのは本末転倒だとも言えるのではないでしょうか。

いくらなら返せるかで考えましょう

充実した日常生活を送るには住宅ローンの返済以外にも生活費等が賄える資金を手元に残しておくことが必要です。
無理して住宅ローンを借入したために手元に残る資金が乏しいことは避けたいところです。
したがって住宅ローンをいくら借りるかは、「いくら借りられる」ではなく「いくらなら返せるか」で考えるようにしましょう。

いくらなら返せるかは一人ひとり異なる

いくらなら返せるかは、収入によって異なります。
しかし、たとえ同じ年収でも、家族構成、年齢、生活スタイル、価値観などによって、住宅ローンに使える金額は異なるはず。
つまり、「いくらなら返せるのか」は、一人ひとり異なるのです。
他の人のことも気になるでしょうが、あくまでも自分自身で答えを出しましょう。

いくらなら返せるかを考える手順

では、どのように答えを出していったらよいでしょうか?
次の算式を参考にしてみてください。

ココがポイント


毎月の返済可能額=(A-B-C-D)÷12ヶ月
A 年収(手取り額)
B 住宅費以外の生活費や教育費等の支出
C 住宅購入後にかかる維持費(固定資産税や管理費・修繕費など)
D 教育費や老後生活費などの将来に向けた貯蓄

関連コンテンツ

-個人の借金
-