個人の借金

クレジットカードのキャッシングサービスとは

クレジットカードは一般的には買い物や食事の代金を支払う時に使うことが多いと思いますが、お金を借りる機能、つまりキャッシングサービスを付いています。
クレジットカードのキャッシングサービスについて整理をしておきましょう。

クレジットカードのキャッシングとは

クレジットカードのキャッシングとはクレジットカードを使ってATMなどからお金を引き出すことができるサービスです。
お金を引き出す、つまり借金ができるサービスです。
クレジットカードの支払の銀行口座からお金を引き出すのではなく、あくまでも借金です。

クレジットカードのキャッシングには金利がかかる

このようにクレジットカードのキャッシングは借金ですから、金利がかかります。
クレジットカード会社によって金利の水準は異なりますが、多くは15%から18%の範囲内で設定されています。

クレジットカードのキャッシング枠

クレジットカードのキャッシングにはキャッシング枠という利用可能額が設定されています。
クレジットカードにはいわゆるショッピング枠というものが設定されていますが、同じような感覚でキャッシング枠というものが設定されているのです。
ショッピング枠とキャッシング枠はそれぞれ利用可能額が設定されていますが、まったく別の利用可能枠ということではありません。
例えばショッピング枠が100万円、キャッシング枠が20万円だとします。
この状態でショッピングですでに90万円を利用している場合には、利用できるキャッシング枠は10万円になります。
つまり次のような関係です。
ショッピング枠とキャッシング枠
まずキャッシング枠はショッピング枠の範囲内でそれぞれ設定されているということです。
したがってショッピングで90万円を使っている場合にはショッピングとキャッシングの利用額の合計は最大で100万円に設定されていますからキャッシングは10万円しか使えないということです。
別の言い方をしますとキャッシングで20万円を利用している場合にはショッピングは80万円までしか利用できません。
ショッピングは別枠で100万円まで利用できるわけではありません。

キャッシング枠は自動的には設定されていない

なおキャッシング枠はカードを申込んだ場合に、初めから自動的に利用可能枠が設定されているわけではありません。
利用者から申し込みをしないとキャッシング枠は設定がされません。

クレジットカードのキャッシングの利用方法

では実際にクレジットカードのキャッシングを利用するにはどのようにすれば良いのでしょうか。
クレジットカードのキャッシングを利用方法はいくつかありますので代表的なものをご紹介します

ATMを利用する

コンビニエンスストアに設置されているATMや提携している銀行のATMなどでキャッシングを利用することができます。
この方法は一番簡単です。
使い方としては銀行のキャッシュカードでお金を引き出す方法と同じです。
クレジットカードをATMに入れて画面の指示に従って操作をすればお金を引き出す、つまりキャッシングを利用することができます。

ネット振込を利用する

これはスマートフォンやパソコンでクレジットカードのホームページからキャッシングの利用を申込む方法で、クレジットカードの引落口座に設定している銀行口座にお金が振り込まれます。
すぐに手元にお金が必要ではない場合には自宅などでキャッシングの利用ができますので便利です。

クレジットカードのキャッシングの返済方法

クレジットカードのキャッシングの返済方法はショッピングの支払方法と同様に一回払いやリボ払いがあります。
お金の資金繰り状況を見て支払方法を選択することができます。
なお多くのクレジットカードでは一回払いをはじめは選択しても後でリボ払いに変更できるサービスが行われています。
なおさきほども説明しましたが、クレジットカードのキャッシングには金利がかかります。
それも15%から18%と決して低い金利ではありません。
したがってキャッシングの利用はなるべく抑えることが金利の節約になります。
またキャッシングの利用後に手元にお金の余裕ができた場合にはATMなどを使って繰上返済を行うことが出来ますからこまめに繰上返済を行うと金利を節約することができます。

関連コンテンツ

-個人の借金
-,

© 2021 銀行員の融資総合ガイド Powered by AFFINGER5