個人の借金

必ず即日融資を受けるコツ

個人の方でお金がすぐに必要だという時にキャッシングの即日融資はとても強い味方になってくれます。
しかし本当に即日に融資が受けられるのかどうか疑問に感じられている方も少なくないと思います。
ここでは管理者がすすめる確実に即日融資が受けられる新規のキャッシング申込方法をご案内します。

まず手続きの流れを把握しておきましょう

キャッシング申込の流れ
最初にキャッシングを利用するにはどのような手続きが必要になるのかを全体像で頭に入れておきましょう。
申し込みをして審査を受けて借入実行という大きな流れです。
この手続きの流れを短時間で終わらせて即日融資を受けましょう。
そして詳しくはこの後で説明しますが即日融資を受けるにはWEBですべて手続きを行うことが最大のポイントです。

申し込みはWEBで!

おおよそ申し込み方法としては次の5つが用意されています。

・店頭
・自動受付機
・電話
・郵送
・WEB


店頭にて手続きを行ったり自動受付機での手続きも短時間で終わり即日融資が受けられる可能性は高いですが、店頭や自動受付機がある場所に行かなければなりません。
電話も手軽な方法ではありますが、オペレーターになかなか電話がつながらない場合も考えられます。
また電話だけで手続きが完了することはありません。
店頭とか郵送などの別の手続きも必要になりますから即日融資を受けるには時間的に厳しいと言えます。
そして最後のWEBでの申込が一番おすすめです。
WEBであれば24時間受付が可能ですから手元にスマホやパソコンがあればすぐに申込手続きを行うことが出来ます。
もっとも24時間申込手続きが可能ですが、即日融資を受けるには遅くともその日の午前中までに手続きをしておきましょう。
午後になってからの手続きでも時間帯によっては即日融資は可能ですが、午前中に済ませておければ確実です。

必要書類を準備しておきましょう

さてWEBでの申込手続きが終わると仮審査が行われます。
そして仮審査が通過すると書類の提出の案内がメールもしくは電話にて行われます。
実はこの書類の準備と提出が一連の手続きのなかでもっとも時間が取られてしまいます。
書類の手配に手間取っていればあっという間に時間が経ってしまい即日融資は難しくなってきます。
必要となる書類は次のとおりですから予め手元に準備をしておくことをおすすめします。

借入額が50万円以下の場合

運転免許証かパスポート


この運転免許証かパスポートが絶対のおすすめです。
どちらが一点だけでOKです。
もし運転免許証もパスポートもお持ちでない場合は次の書類となります。

健康保険証+住民票もしくは公共料金領収書

借入額が50万円超もしくは他社との利用残高の合計が100万円を超える場合

この場合には次の書類が必要となります。

・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・税額通知書(最新のもの)
・所得(課税)証明書(最新のもの/「収入額」と「所得額」の記載があるもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分)+賞与明細書(直近1年分)


収入を証明する書類が必要になるということです。
借入額が50万円以下の場合と50万円超もしくは他社との借入合計額が100万円を超える場合には収入を証明する書類が追加で必要となりますが、これらの書類を事前に準備をしておきましょう。
必要書類の連絡があってから手配をしていると時間が取られてしまい即日融資が難しくなってしまいます。

必要書類の提出は画像送信

書類の提出は郵送でも可能ですが、郵送であると書類が到着してからの手続きになりますから即日融資は不可能です。
迷わず画像送信で行いましょう。

本審査と本人確認手続き

さてもう一息です。
必要書類の提出が終わるといよいよ本審査です。
仮審査も本審査も審査はコンピューターが行いますので短時間で審査は完了します。
感覚としてはあっという間に審査は終わります。
本審査終了後あるいは本審査と並行して本人確認手続きがあります。
この本人確認手続きは保有している金融機関口座を使った方法を選択しましょう。
保有している金融機関口座を連絡し、次の書類の提出するだけです。
もちろん書類の提出は画像送信で行いましょう。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート(2020年2月3日以前に申請し発行されたもので住所欄に現在の自宅住所が記載されているもの)
・マイナンバー(個人番号)カード (通知カードは不可)
・在留カード/特別永住者証明書
・住民基本台帳カード

借入は振込で

さて本審査が終了すればあとは借入するだけです。
借入方法は振込とカードでの利用がありますが、即日融資を希望するのであれば振込を選択しましょう。
カードの場合は原則郵送扱いですから当然即日融資には間に合いません。
カードを店頭や自動受付機で当日に発行して受け取るという方法もありますが、やはり店頭や自動受付機のある場所まで行かなければなりません。
振込は今では24時間可能となっていますし迷わず振込を選択しましょう。

まとめ

以上を整理しますと即日融資を受けるポイントは次の5つになります。
即日融資のポイント
手続き自体は実際はWEB上の画面に従って行えば良く難しいことは決してありません。
即日融資を受けて急なお金の入用をクリアしましょう。
そしてきちんとかつなるべく早めに返済をしましょう。

SMBC系列で安心です。WEBですべての手続きが可能です。

関連コンテンツ

-個人の借金
-