融資審査マンの見方

長期間の業績推移を銀行は融資審査時に見ています

ホーム銀行融資の審査に関すること>長期間の業績推移を銀行は融資審査時に見ています

銀行融資審査の判断の基本は融資先の業績状況の把握です。
その際、今年や前年など最近の業績状況がどうなのかが大きな判断ポイントとなるのですが、もっと長期間で見た場合の業績推移も融資審査には影響しています。

なぜなかというと長期間にわたる業績推移を確認することで、融資先の真の実力が見えてくるからです。
数年の業績だけの判断では融資先の真の実力を見極めることは難しいです。
最近の売上が増加していても、それは「たまたま」の場合も考えられます。
しかし「たまたま」は長期間にわたることはないはずです。
このことから、長期間の業績推移を把握することで融資先の真の実力が見えやすくなるのです。
今後も伸びる可能性がある融資先なのか、あるいは長期的に衰退傾向にある融資先なのかなどです。

短期での融資検討の場合には、それほど長期間にわたる業績推移は気にしていませんが、突っ込んで融資を検討する場合には、必ず長期間にわたる業績推移を見ています。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-融資審査マンの見方
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.