銀行融資の基本

日本政策金融公庫と信用保証協会の同時利用

日本政策金融公庫と信用保証協会はいずれも事業者の資金調達に関係してくる機関です。
日本政策金融公庫と信用保証協会を同時に利用することができるのかどうかが今回のテーマです。

日本政策金融公庫と信用保証協会の同時利用に関する質問

日本政策金融公庫は主に民間銀行があまり融資をしないような中小企業に対して融資を行っているイメージです。
一方で信用保証協会は、民間銀行が融資を行うにあたり保証を中小企業に与えているイメージです。
日本政策金融公庫で融資を借りることができるのであれば、信用保証協会までわざわざ使う必要がないと感じています。
日本政策金融公庫と信用保証協会を同時に利用している事業者があるのでしょうか。

日本政策金融公庫と信用保証協会について

最初に日本政策金融公庫と信用保証協会について簡単に整理をしておきます。

日本政策金融公庫は国の銀行

日本政策金融公庫は民間銀行に対する国の銀行です。
個人への教育ローンや中小企業や個人事業主に事業資金の融資を直接行っています。
国が運営している銀行ということもあり、国のいろいろな支援制度を反映した融資メニューが民間銀行に比べて充実しています。

信用保証協会

信用保証協会は国の機関ではありませんが公的機関です。
中小企業や個人事業主はどうしても一般的には大企業に比べると信用力が劣ります。
そのため民間銀行は中小企業や個人事業主に対しては融資に慎重になってしまいます。
信用保証協会は中小企業や個人事業主が民間銀行から融資を利用するにあたって一種の保証人になってくれる存在です。
民間銀行としては公的機関である信用保証協会が保証人になってくれるのであれば、信用力が劣る中小企業や個人事業主にも安心して融資を行うことができます。

・日本政策金融公庫は国の銀行であり個人や中小事業者に直接融資を行う
・信用保証協会は中小企業者が民間銀行から融資を受けやすいようになるために保証人になってくれる公的機関

日本政策金融公庫と信用保証協会の同時利用

実際に日本政策金融公庫と信用保証協会を同時に利用している中小企業や個人事業主は多くいらっしゃいます。
日本政策金融公庫と信用保証協会を同時に利用する主な目的やメリットは次の通りです。

融資利用額を増やすことができる

日本政策金融公庫と信用保証協会を同時に利用する目的とメリットの1つ目は融資額を増やすことができる点です。
日本政策金融公庫と信用保証協会も利用するにはそれぞれ審査を受ける必要があります。
さらに日本政策金融公庫と信用保証協会もそれぞれ融資限度額や保証限度額を設けています。
そのため1つだけの利用だけでは十分な融資が受けられないこともあります。
そこで日本政策金融公庫と信用保証協会を同時に利用することで十分な融資を受けられる可能性が広がるのです。
なお日本政策金融公庫と信用保証協会は独立した存在であり、横につながっているということはありません。
そのため審査は日本政策金融公庫と信用保証協会で別々に行われています。

日本政策金融公庫と信用保証協会同時利用の目的・メリット 融資額を増やせる

民間銀行のサービスを受けることができる

日本政策金融公庫はほぼ融資に特化した国の銀行です。
一方の民間銀行は融資の他に、振込などの資金決済、外国為替業務、資金運用、ビジネスマッチング、グループ会社を使ってリースや福利厚生業務などさまざまなサービスを手掛けています。
信用保証協会を利用するということは民間銀行から融資を受けるということですから、自然と民間銀行とのつきあいが発生します。

日本政策金融公庫と信用保証協会同時利用の目的・メリット 民間銀行から融資以外の幅広いサービスを受けられる

日本政策金融公庫と信用保証協会の同時利用まとめ

以上、日本政策金融公庫と信用保証協会の同時利用についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・日本政策金融公庫と信用保証協会の同時利用により融資額を増やすことができる
・信用保証協会を利用することにより民間銀行の融資以外の幅広いサービスを利用することができる


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本
-