資金繰り

儲かっているのに資金繰りが楽にならない

儲かっているのに資金繰りが楽にならない・・・?
これもよくある疑問だと思います。
赤字ではなくちゃんと黒字なのになぜか資金が増えていかない・・・
不思議ですよね。
実はこれにはからくりがあるのです。

利益は後からお金になる

ものすごくシンプルな例で説明します。
海外から50万円でカバンを仕入れてきて、それが100万円で売れました。
利益(=粗利益)は100万円-50万円=50万円
当たり前ですよね。
儲かったのですから少なくとも利益分の50万円の資金は増えているはずです。
しかし手元の資金が増えていない・・・
これは実は100万円という売上にからくりがあるからなのです。
商品のかばんと引き換えに100万円の現金が回収できればこのようなからくりは発生しないのですが、多くの商売では代金は後でもらう、つまり掛売りで行われています。
したがって100万円という現金は約束した日、例えば来月末にならないと手元に入ってきません。
利益はこの100万円の売上の中に入っていますから、代金が回収されるまでは利益も現金とはならないのです。

売上を掛売りで行い、代金が回収されるまでの間は決算用語で売掛金と呼ばれています


このようなからくりで儲かったとしても手元の現金は増えないと感じるのです。
実際、売上が現金で回収されるまでは現金が増えないのですが・・・。

儲かっていれば必ず資金は増える

しかし心配はいりません。
売上が現金として回収されれば利益も現金化しますから、儲かった分だけ必ず手元資金は増えます。
細かいことまで触れるとこの利益50万円から社員の給料や家賃などのコストなどを払いますから利益がまるまる手元に残るということではありませんが、利益があがれば必ず手元資金は増加し資金繰りが楽になります。

儲かった利益がすぐ手元資金として現金化させるためには掛売りの期間を短くすることに尽きます。
今回のテーマである儲かっているのに資金繰りが楽にならないというのは儲かった利益がすぐに現金化されないためでした。
ですから現金化されるまでの時間を短くすれば資金繰りが楽にならない期間も短くなります。
つまり掛売りの期間を短くすることなのです。


販売先の相手があることですからこちらも思い通りに掛売りの期間を短くすることは容易ではありません。
こちらが早く現金として入ってくるということは、販売先側からすれば今までよりも早く現金を用意をして支払わないといけないということですから、販売先の資金繰りが悪化する要因になるのです。
販売先との力関係なども影響してくると思います。
早く払ってくれるのであれば少し値引きするといった販売先にもメリットを示しながらの交渉も必要になってくるでしょう。
ただし事実としては掛売りの期間が短くすればするほどこちらの資金繰りが楽になるのは確かです。

-資金繰り
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.