融資審査マンの見方

融資審査に通らない原因-代表者宛の多額の貸付金

融資審査に通らない理由はいくつかありますが、今回は会社の代表者宛に多額の貸付金があると融資審査に通らない原因になることについて説明をします。

貸付金は事業には関係がない

代表者宛の貸付金が融資審査に通らない原因となる理由の1つに貸付金はそもそも事業には関係がないということです。
事業には関係がないということは収益を生み出さないということです。
このような収益を生み出さない貸付金に資金を投じることは当然、その会社の資金繰りを圧迫することとなります。
代表者宛の貸付金に多くの資金を投じているために資金繰りが苦しくなり、そのために融資を受けたいと言われても融資審査には通りません。
銀行の理屈としては資金繰りが苦しいのであれば、まずは代表者から貸付金を返済してもらえば良いということになります。

融資審査に通らない理由-貸付金は事業には関係がない

また代表者宛の貸付金に使われる

銀行の融資は事業に関わることを対象にしています。
運転資金や設備資金はその代表的なものです。
代表者に資金を貸し付けすることはさきほどのように事業とは関係がありません。
代表者宛に多額の貸付金がある会社に運転資金として融資をしても、またその資金が代表者宛の貸付金に流用されるのではないかと銀行は考えます。
このようなことでは融資審査には通らないということになります。

融資審査に通らない理由-事業資金の融資が貸付金に流用される懸念がある

代表者宛の貸付金は返ってこない

代表者宛の貸付金は実際には代表者に資金が貸し付けられていないこともあります。
よくある事例としては経費としては認められない接待交際費を便宜上、代表者宛の貸付金として処理をしている場合です。
また使途がよくわからないいわゆる使途不明金を代表者宛の貸付金として処理をしている場合があります。
例えば代表者の住宅取得資金の一部として代表者に貸付をしている場合には実態があるのですが、経費計上できないような接待交際費を代表者宛の貸付金として処理をしているとか、使途不明金を貸付金として処理をしているようなケースは実態がありません。
したがってこのような代表者宛の貸付金は会社に戻ってくることはありません。
貸付金を控除するとその会社は実態としては赤字かもしれません。
当然、資金繰りも悪化していることでしょう。
とてもではありませんが、銀行の融資審査には通らないということになります。

融資審査に通らない理由-貸付金が返ってくることはなく資金繰りが悪化するだけ

融資審査には通らない原因-代表者宛の貸付金のまとめ

以上、融資審査に通らない原因として代表者宛の貸付金に関することをまとめますと次のようになります。

まとめ

・代表者宛の貸付金はそもそも事業には関係がない
・事業には関係がないということは貸付金は会社に収益をもたらさない
・代表者宛の貸付金は固定化することが多く、資金繰りを圧迫させる
・融資が再び代表者宛の貸付金に流用される懸念がある

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-融資審査マンの見方
-