銀行融資の基本

はじめての銀行融資

会社を設立し起業するときに、仕入資金や当面の人件費、経費などの運転資金が必要になる場合があると思います。
自己資金ですべて賄うことが出来ればよいのですが、一定の金額については借入をしなければならないことも多いと思います。
そんなときはどうすればよいのでしょうか。

日本政策金融公庫の創業融資

もっとも多く利用されているのが政府系金融機関である日本政策金融公庫です。
会社を設立する場合の必要資金の融資についても相談に乗ってくれます。

民間の場合にはどの金融機関に相談するべきか

政府系金融機関以外となると銀行などの民間の金融機関を利用することになりますが、悩むのはどの金融機関に相談をするのが良いかです。
民間の金融機関といっても、メガバンクと呼ばれる大銀行から町の信用金庫などその規模もさまざまです。
信用金庫などは比較的規模も小さいものが多いですから、最初の取引銀行としては入りやすいかもしれません。
ただメガバンクも当然相談に乗ってくれます。
民間の金融機関との取引を選ぶ際のポイントは、取引しようとしている金融機関と何かつながりがあるかどうかで選ぶのが、実質的に有利かと思います。
金融機関の規模は気にする必要はありません。
個人的に銀行口座を1つや2つは持っていると思います。
その銀行にまずは相談に行くのがベストです。

信用保証協会でも相談可能

民間の金融機関にて融資を希望する場合、大半のケースで信用保証協会の保証制度を利用した融資となります。
信用保証協会の仕組みは次の図のとおりです。
信用保証の仕組み
この図は東京の信用保証協会のケースですが、全国の信用保証協会も同じです。
信用保証協会というのは簡単に言いますと公的な保証人になってくる存在です。
中小企業や個人事業主は上場企業などの大企業に比べるとどうしても信用力が低く見られがちです。
そうすると安々と銀行から融資を受けることが難しいというのが現実です。
その信用力を補完する役割を担うのが信用保証協会です。
銀行としては公的な信用保証協会が返済を保証してくれるのであれば、安心して中小企業や個人事業主に融資を行うことが出来ます。
実際に信用保証協会の保証制度を利用した融資は中小企業や個人事業主に広く利用されています。
銀行に初めて融資を相談しても、結局は信用保証協会の保証が得られるかどうかが大きなポイントなります。
信用保証協会では直接に相談出来る窓口を持っていますので、そこに直接相談に出向くのも有効な手段です。

銀行の不可解な動き

銀行にとってお金を貸すこと、つまり融資することは大きな業務の1つです。
融資が実現すれば、その支店の成績にもなります。
ですから、本来は相談に来てくれた会社なり個人のことを歓迎すべきです。
ですが、銀行員ははじめはそれとは正反対の姿勢を取ります。
相談に行ったあなたのことを警戒します。
「なぜうちの銀行に相談に来たのか」などと警戒するのです。
これは融資詐欺などで銀行は今でも痛い目にあっていますから、見知らぬ会社や人が突然窓口に融資の相談に来ると、どうしても警戒してしまうのです。
昔から個人で預金口座を持っていたから、借り入れの相談に来たということであれば、銀行員の警戒心を薄めることができます。

-銀行融資の基本
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.