信用保証協会融資

信用保証協会融資の審査の流れ

中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際に頻繁に利用される信用保証協会。
今回の信用保証協会融資の審査の流れについてわかりやすく整理をします。

信用保証協会融資の審査の流れに関する質問

個人事業主です。
個人事業主として開業を予定しています。
先日、信用金庫さんに開業資金の融資の申し込みを行いました。
その翌日に信用金庫さんから連絡が来て、信用保証協会に申し込みを行う旨の連絡を受けました。
信用保証協会に申し込みを行うということは信用金庫さんでの審査はOKになったということでしょうか。
信用保証協会融資の審査の流れについて教えてください。

信用保証協会融資の審査の流れの全般

信用保証協会融資の審査の流れ全般について説明します。
概要は次の図の通りです。
信用保証協会の融資の流れ
信用保証協会融資を受けるにはこの図の通り、全部で9つの工程があります。
順を追って説明をします。

信用保証協会融資の審査の流れ 銀行への融資申し込み

最初は融資を受けようとする銀行や信用金庫などの金融機関に融資の申し込みを行うことからスタートします。
信用保証協会に直接申込を行うことも可能ですが、最終的な融資判断は融資を行う銀行や信用金庫等が行いますから信用保証協会からも「まずは金融機関さんに相談をしてください」と誘導されます。

信用保証協会融資の審査の流れ 銀行での事前審査

融資の申し込みを受けると銀行や信用金庫等では信用保証協会に保証申し込みを行う前に銀行等での融資の事前審査を行います。
この銀行等での事前審査が通らないと信用保証協会への保証申し込みはできません。
今回の質問のケースでは銀行等での事前審査が通った段階です。

信用保証協会融資の審査の流れ 信用保証協会への保証申し込み

銀行等での融資の事前審査が終わると次は信用保証協会への保証申し込みは行います。
信用保証協会への保証申し込みは銀行等にて行います。
信用保証協会に直接保証申し込みを行うわけではありません。
銀行等には信用保証協会の申込書類が準備されており、銀行等経由にて信用保証協会に保証申し込みを行うこととなります。

信用保証協会融資の審査の流れ 信用保証協会での審査

銀行等経由で信用保証協会に保証申し込み書類が提出されます。
そしていよいよ信用保証協会での審査がスタートします。
この信用保証協会での審査が信用保証協会付融資の天王山です。

信用保証協会融資の審査の流れ 信用保証協会での保証決定

信用保証協会での審査が通るとめでたく保証決定となります。

信用保証協会融資の審査の流れ 銀行等に通知

信用保証協会での保証決定はまずは銀行等に電話連絡にて行われます。
そして正式には信用保証協会から銀行等に信用保証書という書面が発行されます。

信用保証協会融資の審査の流れ 銀行での融資審査

信用保証協会での保証審査が終了しますと最後に銀行での融資の最終審査が行われます。
銀行での融資の最終審査はよほどのことがない限り審査が通らないということにはなりません。
したがって信用保証協会の審査が通れば大丈夫と考えて差し支えはありません。

信用保証協会融資の審査の流れ 融資契約と融資実行

銀行での融資の最終審査を経て融資契約を行い融資が実行されます。

信用保証協会融資に要する時間

信用保証協会融資に要する時間ですがすでに銀行や信用金庫などの金融機関と融資取引があり、かつ信用保証協会の利用実績がある場合には2週間ほどの時間軸です。
一方で銀行や信用金庫などの金融機関との融資取引が初めてとか、信用保証協会の利用が初めてといった場合には1ヶ月から1ヶ月半ほどの時間軸となります。

信用保証協会融資の審査の流れのまとめ

以上、信用保証協会融資の審査の流れについてまとめますと次のようになります。

まとめ

・信用保証協会への申し込みは銀行等の金融機関経由で行う
・銀行等への融資申し込みから融資実行まで全部で9つの工程がある
・信用保証協会融資の審査の実質は信用保証協会での審査となる


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

-信用保証協会融資
-,