信用保証協会融資

信用保証協会で運転資金の追加融資を受けたい

信用保証協会付で運転資金の融資を現在利用している状態で、追加で運転資金の融資が受けられるかどうかが今回のテーマです。

信用保証協会の運転資金で追加融資を受けたいことに関する質問

自営で建設業を営んでいる者です。
売上は3,000万円程度で現在、県の信用保証協会を利用して500万円の借入をしています。
返済はきちんと行っていますが、まだ200万円ほどの借入が残っています。
受注の関係で来月600万円ほどの追加融資を受けたいと考えています。
現在の借入を完済しないと信用保証協会で追加の運転資金を利用することは無理でしょうか?

信用保証協会の追加利用は可能

信用保証協会付で運転資金の融資を利用している状態で、追加融資を利用することは可能です。
現在の運転資金の借入を完済しないと次の運転資金の融資が受けられないということはありません。

信用保証協会で運転資金の追加融資の利用は可能

追加融資の相談先は銀行

運転資金の追加融資の相談先としては信用保証協会ではなく銀行となります。
200万円の借入が残っている銀行に追加融資の相談をすることが一番良いでしょう。
もっとも別の銀行に信用保証協会付の融資の相談に行くこともOKです。
もちろん追加融資を受けるには銀行と信用保証協会の審査がありますが、売上3,000万円だとすると現在の借入額200万円と今回の追加融資の希望額600万円を合計すると800万円になります。
売上3,000万円に対して800万円ですから信用保証協会付の追加融資が受けられる可能性があると言えます。
あくまで1つの目線ですが売上対比で信用保証協会付の利用限度額はおおむね1/3程度の考えてください。

運転資金の追加融資の相談先は信用保証協会ではなく銀行

追加融資を受けるための準備

さて、銀行に信用保証協会付で運転資金の追加融資を相談する際には、まずなぜ運転資金が必要となるのかの説明は欠かせません。
今回は受注の関係でということですから、その受注内容を銀行に伝えてください。
銀行で受注内容をもとにして運転資金の必要性の妥当性が検討されます。
また受注内容とは別に足元の業績確認資料の提出も銀行から求められます。
なるべく直近の試算表を準備して銀行に提出をしてください。

信用保証協会の追加での運転資金に関するまとめ

以上、信用保証協会付で運転資金の追加融資に関することをまとめますと次のようになります。

まとめ

・信用保証協会付で現在借入が残っていても運転資金の追加融資は検討可能
・現在の借入を完済しないと信用保証協会で追加の運転資金が利用できないということはない
・追加融資の相談先は信用保証協会ではなく銀行

おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-,