信用保証協会融資

信用保証協会の難易度

中小企業や個人事業主が銀行から融資を受ける際、多くは信用保証協会の保証付融資となります。
信用保証協会の保証付融資を銀行から受けるにはまず信用保証協会の保証審査に通る必要があります。
信用保証協会の審査の難易度について説明をします。

信用保証協会の難易度に関する質問

先月末に信用保証協会付きの運転資金を申し込みました。
1週間後に、銀行員さんから、なんとかいけそうなのでといろいろと書類を求められています。
融資はほぼできると言うことでしょうか?

信用保証協会とは

信用保証協会について簡単に整理をしておきます。
中小企業や個人事業主の方の場合、一般的に大企業に比べて事業基盤が弱く信用面が脆弱です。
銀行の融資業務においてもっとも大切なことは融資を実行することではなく、その融資を最後まで返済してもらうことです。
この点において事業基盤が弱く信用面が脆弱な中小企業や個人事業主に対して銀行は融資の焦げ付きを心配をして、積極的には融資をしなくなります。
こうなってしまうと中小企業や個人事業主はスムーズに資金調達ができなくなり資金繰りを安定させて事業に行うことができなくなる可能性があります。
そこで信用保証協会が登場します。
信用保証協会とは中小企業や個人事業主が銀行から融資を借入するにあたり、その返済の保証人になってくれる公的機関です。
融資を実行する銀行からすれば公的機関である信用保証協会が返済の保証をしてくれるのであれば、安心して中小企業や個人事業主にも融資を実行することができます。

信用保証協会の難易度

このように信用保証協会は中小企業や個人事業主が銀行から融資を受けるにあたりその保証人になる公的機関ですが、もし中小企業や個人事業主が銀行からの融資の返済ができなくなった場合には信用保証協会は銀行に代わりに返済する義務があります。
信用保証協会としても何でも返済するというわけにはいきませんから、中小企業や個人事業主が銀行から融資を受けるにあたってその保証人になるかどうかの審査を行うわけです。

銀行よりも審査の難易度は低い

では信用保証協会の審査の難易度はどのようなレベルなのでしょうか。
そもそも信用保証協会は中小企業や個人事業主が銀行から融資を受けやすくするために設けられている公的機関です。
ということは銀行以上に審査の難易度が高ければ、結果として中小企業や個人事業主は銀行から融資を受けられないことになります。
そのため信用保証協会の審査の難易度は少なくとも銀行よりは低いと言えます。
実際に銀行の融資審査には通らないが、信用保証協会の保証審査には通る事例は数えきれないほどあります。

今回の事例

信用保証協会への申し込みをした後に銀行から追加書類の提出を求められるということは信用保証協会の審査が前向きに進んでいる証拠だと言えます。
仮に信用保証協会の審査に通らないのであれば銀行から追加書類の提出を求められることはありません。
申込金額どおりに信用保証協会の審査が通らずに金額が減額される可能性はありますが、少なくとも審査に通らずにゼロ回答ということはないと考えられます。

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-,