当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

信用保証協会融資

消費者金融の返済遅延と信用保証協会の審査との関係

個人事業主が銀行から融資を受ける際によく利用される信用保証協会。
昔、消費者金融からの借金があり何度か返済の遅延があった場合、信用保証協会の審査に通るのかどうかについて説明をします。

消費者金融と信用保証協会の審査に関する質問

個人事業主として建築業を営んでいるものです。
おかげさまで最近は仕事が増えていますが、これに伴い材料代などの立替負担が増加しています。
そのため事業資金の融資を受けようと先日役所に行ってあっせん制度の申し込みを行い、あっせんは決定しました。
近いうちに信用金庫に事業資金の融資申し込みを行う予定です。
そこでですが、今は完済をしているのですが昔、消費者金融から借金をしていたことがあり、返済が何度が遅延しました。
このような経緯があるのですが信用保証協会の審査に通りますでしょうか。

消費者金融を完済していれば

消費者金融をすでに完済しており過去の返済遅延の時期が少なくとも1年以上前のことであればそれほど大きな影響はないでしょう。
現在の業績や資金繰りの状況に問題がなければ信用保証協会の審査は前へ進みます。
消費者金融の返済に遅延があったという理由だけで信用保証協会の審査が通らないということはありません。

ただし事故情報があれば別

ただし返済の遅延が長い(3ヶ月以上)と個人信用情報に事故情報として登録されます。
そしてその事故情報は返済の遅延が解消してから5年間は登録されています。
そして、

信用保証協会の利用が初めての場合には個人信用情報が調査


されます。
事故情報があると残念ですが信用保証協会の審査にはまず通りません。

消費者金融からの借金が現在もある場合

今回の質問のケースではすでに消費者金融からの借金を完済していますが、参考までに消費者金融からの借金が現在も残っている場合はどうなるのかを説明します。
このケースにおいては現実には信用保証協会の審査は通りません。
信用保証協会に申し込みを行ってもまずは消費者金融からの借金を完済してから改めて申し込みをするように言われます。
一般的に消費者金融の金利が高いです。
信用保証協会保証付融資の金利は消費者金融の金利に比べるとはるかに低い金利ですから、信用保証協会としては信用保証協会保証付融資が高金利の消費者金融の返済に流用されることを懸念しています。
このためまずは消費者金融からの借金を完済して、それから改めて信用保証協会に申し込みをするように言われるのです。

消費者金融の返済遅延と信用保証協会の審査との関係のまとめ

以上、消費者金融の返済遅延と信用保証協会の審査との関係についてまとめますと次のようになります。

まとめ

・消費者金融をすでに完済しており遅延の期間が3ヶ月未満であれば信用保証協会の審査は前へ進む
・返済遅延が3ヶ月以上であれば事故情報が個人信用情報に登録されている
・事故情報は遅延解消後、5年間は登録されている
・この事故情報が登録されている間は信用保証協会の審査はまず通らない
・消費者金融を利用中は現実には信用保証協会の審査には通らない
・まずは消費者金融からの借金を完済することが先決

多くの事業者に利用されているビジネスローン

1.歴史が長い安心のビジネスローン
歴史が長いビジネスローンで多くの中小企業や個人事業主が利用している安心のビジネスローンです。

2.【GMOあおぞらネット銀行 あんしんワイド】
大手のGMOグループが運営するビジネスローンです。 カードローンタイプ型で必要な時に繰り返し利用が可能で、随時返済で利息が節約できます。

3.保証人不要の事業資金
保証人が不要でネットで完結できるビジネスローンです。

-信用保証協会融資
-, ,