信用保証協会融資

信用保証協会の「内定」とは

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会の「内定」とは

信用保証協会の保証付融資にあたっては、信用保証協会への保証申し込みが必要となります。
信用保証協会は申し込みを受けて審査を進め、保証決定となれば融資を受ける銀行などに「信用保証書」を発行します。
銀行などはこの信用保証書をもとに銀行内での融資最終稟議を行い、融資実行となります。

ところで保証決定までは至っていないが、銀行の担当者から「信用保証協会の内定が出ました」ということを伝えられたことはないでしょうか?
内定とは正式な保証決定ではありませんが、条件付き保証決定という段階です。
そして条件は様々ですが、比較的簡易な条件でほとんどは追加書類の提出(納税証明書など)などです。
したがって「内定」が出れば、ほぼ保証決定と考えても良いと思います。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-信用保証協会融資
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.