信用保証協会融資

信用保証協会との面談による審査

信用保証協会を初めて申し込みした際には原則として信用保証協会との面談があります。
信用保証協会との面談は審査の一環で行われます。
信用保証協会との面談ではどのような質問があるのかを案内します。

信用保証協会が面談を行う理由

信用保証協会との面談は信用保証協会を初めて利用する際にだけ行われるのが原則です。
すでに信用保証協会の利用実績がある場合には原則として面談は行われません。
何か疑問点などがあれば、申込を行った銀行経由にて質問などが行われます。
信用保証協会が面談を行う理由は事業者の実態を把握するためです。
信用保証協会の審査は原則として提出を受けた書面にて行われますが、初めての事業者の場合には書面に加えて実際に目で確認する意味で面談が行われます。

信用保証協会との面談場所

信用保証協会との面談は信用保証協会の担当者が事業者を訪問することで行われます。
信用保証協会に事業者が出向いて面談が行われるわけではありません。
信用保証協会の担当者が訪問してきます。

信用保証協会との面談による審査内容

信用保証協会との面談は審査の一環として行われます。
では信用保証協会では面談を通じてどのような審査を行っているのかを説明します。

信用保証協会との面談による審査 事業実態の把握

信用保証協会との面談の目的の1つは事業実態の把握です。
事前に提出をした申込書類にて事業内容についてはおおむね信用保証協会では把握をしていますが、やはり実際に目で確認することが大切なことです。
どのような事業を行っているのかを信用保証協会の担当者が事業者を訪問してその目で事業内容を確認するのです。

信用保証協会との面談による審査 資金の流れ

事業には必ず資金の動きがあります。
その資金の流れを受注書や請求書を閲覧し、その資金がどのように動いているのかを帳簿の閲覧による確認や場合によっては銀行口座の動きを見せてもらいながら確認をします。
そもそも信用保証協会への申し込みは銀行から融資を受けるために行われているものです。
資金の動きを把握することで融資が必要な要因を確認するのです。

信用保証協会との面談による審査 今後の見込み

事業者と面談をして今後の業績の見込みを直接確認することも信用保証協会が面談をする目的の1つです。
代表者との面談を通じて今後の業績見込みを確認するのです。

信用保証協会との面談への準備

信用保証協会との面談はあらかじめ日時の調整があります。
信用保証協会との面談の準備としては特別なことは必要はありませんが、帳簿や今後の業績計画については説明ができるように書類の準備や頭の中の整理をしておくと面談時にスムーズに質問を答えることができます。

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-,