銀行融資の基本 信用保証協会融資

三井住友銀行などのメガバンクは個人事業主に融資をしてくれますか?

メガバンクというと三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行とのことですが、メガバンクは個人事業主には事業資金の融資などしてくれないと耳にします。
しかし実際はメガバンクはいくらでも個人事業主に事業資金の融資をしています。

個人事業主からの融資に関する質問

信用保証協会に融資の申込みを考えております。
事業内容はインターネット通販で、売れ出してきているので、運転資金が足りなくなってきており、その分を融資によってまかなおうと考えています。
申込書に希望金融機関という欄があるのですが、よく信用金庫などが良いと言われます。
メガバンクは相手にしてくれないと聞きます。
個人的にはネットバンキングや利便性、経理上の処理の問題から、今利用しているメガバンクにしたいと考えています。
仮に融資申請が通ったとして、信用保証協会の保証があったとしても、メガバンクでは相手にされないものなのでしょうか。

三井住友銀行などのメガバンクは融資をしています

三井住友銀行などのいわゆるメガバンクは確かに日本を代表する大銀行です。
世界中に支店網があり、日本国内だけではなく世界を相手に営業をしている日本を代表する大銀行です。
ではメガバンクは世界に事業展開をしているような大企業しか相手にしないのかと言えば、決してそのようなことはありません。
地域の事業をしている個人事業主にもたくさんメガバンクは融資をしています。
メガバンクは個人事業主などの零細事業者は相手にしてくれないとの話を確かに耳にしますが、そのようなことはありません。

メガバンクと信用金庫では違いはない

メガバンクだから金利が高いとか、メガバンクだから金利が低いということはありません。
同じように信用金庫だから金利が高いとか、信用金庫だから金利が低いということもありません。
融資審査でも同じことが言えます。
メガバンクだから審査が厳しいとか信用金庫だから審査が甘いということもありません。
それぞれの銀行や信用金庫は独自の判断によって金利や審査基準を定めています。

大切なことはなぜその銀行に融資を申込むか

メガバンクであろうと信用金庫であろうと初めて融資を申込む場合にはなぜその金融機関を選んだのかという理由を明確にしてください。
メガバンクも信用金庫も初めて融資相談に来られたお客さんに対しては「なぜうちに来たのか」ということを気にします。
もっともその理由は難しく考えることはありません。
事務所に一番近いから、日頃からその金融機関を使っているかといったありふれた理由で十分です。
事務所に一番近いから融資相談に来たというのはりっぱな理由ですし、日頃から利用している金融機関に融資相談を行うのも自然です。
金融機関が気にする理由としては遠くからわざわざ相談に来たとか、すでに取引がある金融機関があるのになぜ来たのかといったことです。
理由はさまざまだと思います。
なぜその金融機関に融資相談に来たのかを明確にしてメガバンクに対しても堂々の融資相談を行ってください。


おすすめできる事業資金融資です。
中小企業・個人事業主向け事業資金

大手会社系列の安心できる事業資金融資です。
中小企業や個人事業主を対象とし、原則来店不要です。
多くの事業者の方が利用されています。

記事検索

キーワード一覧

-銀行融資の基本, 信用保証協会融資
-