信用保証協会融資

信用保証協会と根抵当権について

信用保証協会の保証枠には無担保枠と有担保枠があります。
有担保とは文字通り担保が条件の信用保証協会の保証制度です。
信用保証協会の有担保枠と根抵当権について説明をします。

信用保証協会と根抵当権に関する質問

現在、銀行から1億5千万円ほどの借入があります。
借入はすべて信用保証協会の保証付になっています。
銀行からはこれ以上の借入は難しいと言われています。
ところで銀行には自宅を根抵当権に取られています。
先日、銀行に「なぜ保証付なのに根抵当権をつけているのか」と問い合わせをしたところ、信用保証協会の担保になっているのとのことです。
納得できません。
どういうことでしょうか?

信用保証協会の保証制度

信用保証協会にはいくつかの保証制度がありますが、代表的な一般保証制度を例にして説明をします。

無担保枠と有担保枠

信用保証協会の一般保証制度の利用限度額は2億8,000万円です。
このうち8,000万円までは原則として無担保で保証制度を利用することができます。
そして8,000万円を超えて保証制度を利用するには担保が必要となります。
つまり信用保証協会の一般保証制度は8,000万円までの無担保枠と2億円の有担保枠で合計2億8,000万円となっています。
今回の質問者様の場合には1億5,000万円の借入金がありすべて信用保証協会の保証付ということですから、信用保証協会の有担保枠を利用していることは確実です。
別の言い方をすると担保付だからこそ1億5,000万円もの銀行の信用保証協会の保証制度が利用できているということです。
担保がなければ1億5,000万円も信用保証協会の保証制度は利用できません。

信用保証協会の担保

信用保証協会が担保として認めているものは不動産や有価証券など複数ありますが、圧倒的に多いのが不動産担保です。

信用保証協会の担保の取扱

担保は信用保証協会自身が担保設定する取り扱いがありますが、大半のケースは銀行が取っている担保を信用保証協会に流用する取扱となっています。
例えば不動産担保の場合、信用保証協会が担保設定した場合にはその担保は信用保証協会の保証を利用する目的だけとなります。
これに対して銀行が不動産担保を設定する場合には信用保証協会の保証を利用する目的以外に銀行取引全般に対して担保として利用することができます。
このようなこともあり信用保証協会の有担保枠の担保は銀行が設定している担保を活用する取り扱いが圧倒的に多いです。

信用保証協会に根抵当権を流用する

銀行が不動産担保として根抵当権1億5,000万円を設定しているとします。
根抵当権を信用保証協会のために流用する、つまり有担保保証のために利用するということは、銀行が設定している根抵当権の一部を信用保証協会のために充当するということです。
例えば今回、信用保証協会の有担保枠で5,000万円の信用保証協会保証付融資を利用するとします。
この場合、銀行が設定している根抵当権1億5,000万円のうち、5,000万円は信用保証協会の保証付融資に優先的に充当するということです。
将来、万が一この根抵当権を行使して不動産を売却する場合、売却金のうち5,000万円は優先的に信用保証協会の保証付融資の回収に充てるということです。

根抵当権の信用保証協会への充当の仕方

根抵当権を信用保証協会に充当するという実務面ですが、これは何も不動産登記をするわけではありません。
信用保証協会保証付き融資の利用者、つまり債務者と銀行、そして信用保証協会との取り決めによりそのようにするということだけです。
信用保証協会の保証付融資の場合には、信用保証書という書類が信用保証協会から銀行に対して発行されますが、その信用保証書上に根抵当権を充当することが記載されるだけです。
そのため外部から見たら根抵当権の一部が信用保証協会に充当されているかどうかはわかりません。

信用保証協会と根抵当権のまとめ

以上、信用保証協会と根抵当権の件につきまとめると次のようになります。

信用保証協会と根抵当権のまとめ

・信用保証協会の保証制度は無担保枠と有担保枠がある
・無担保枠を超えて利用するには担保が必要
・信用保証協会の担保の大半は不動産担保
・実務上は銀行が設定している根抵当権を信用保証協会に充当する扱い

記事検索

キーワード一覧

-信用保証協会融資
-,