信用保証協会融資

信用保証協会保証付融資入門 信用保証協会とは

中小企業や自営業者の方が銀行から融資を受けるにあたって、必ずといっていいほどに登場してくるのが信用保証協会です。
大半の中小企業や自営業者の方が銀行から信用保証協会保証付の融資を利用してます。

信用保証協会の役割

信用保証の仕組み
この図は東京信用保証協会のホームページに掲載されているもので、信用保証の制度の仕組みを図解したものです。
この信用保証協会ですが、その役割は簡単に言うと保証人です。
つまり中小企業や自営業者が銀行から融資を受ける際に、銀行に対する保証人になってくれるのです。
信用保証協会は民間の機関ではなく「信用保証協会法」という法律に基づいて設立されている公的機関です。
「保証人になってくれる」というと何か不安な気持ちになる方もいらっしゃるかと思いますが、この信用保証協会は公的機関ですから安心です。

中小企業や自営業者は上場企業などの大企業に比べて、どうしても景気に左右されやすく、かつ財務基盤が脆弱です。
そんな中小企業や自営業者に銀行が融資するのは大企業に比べてリスクが高いと考えられます。
リスクが高いと銀行は大企業には融資しても中小企業や自営業者には融資を控えることになってしまいます。
これでは中小企業や自営業者には資金が回らなくなってしまいます。
そこで公的な信用保証協会が銀行への保証人になることで、銀行が中小企業や自営業者に融資をしやすくしているわけです。

信用保証協会は各都道府県にある

信用保証協会は全国の各都道府県に1つ以上は必ずあります。
例えば東京には東京信用保証協会が、福岡県には福岡県信用保証協会があります。
銀行が融資を行う際に審査を行うとの同様に、信用保証協会でも保証を行うのに際し、保証を求めてきた中小企業の審査を行います。
審査の難易度ですが、一般的には銀行の融資審査よりもゆるやかと考えてよいと思います。
保証協会は中小企業や自営業者にとって金融面の重要なパートナーです。

信用保証協会の利用方法

信用保証協会の保証制度を利用して銀行から融資を受けたい場合、信用保証協会に直接申し込むことも出来ますが多くの場合は融資を受ける予定の銀行経由にて申込手続きを行います。
初めて信用保証協会を利用する場合には信用保証協会との面接がありますが、2回目以降の場合には何か不明点等があれば申し込みを行った銀行経由で質問がされます。
信用保証協会と直接やり取りする必要はありません。
信用保証協会での保証審査結果も銀行に通知があります。

関連コンテンツ

-信用保証協会融資
-