銀行融資の基本 信用保証協会融資

信用保証協会保証付融資入門 信用保証協会の保証の限度額

信用保証協会の保証は無制限に利用ができるわけではありません。
利用額には制度上の上限と利用者毎に判断される上限があります。

制度上の保証上限

1企業あたり2億8,000万円

信用保証協会は1企業あたりに一体どれくらいまで保証を行うのでしょうか?
制度としては普通保証制度で1企業あたり2億8,000万円が限度です。
うち無担保にて保証が受けられる限度は8,000万円となっています。
信用保証協会は普通保証制度の他にセーフティネット保証制度など複数の制度が並行して設けられています。
そしてそれぞれの制度にて1企業あたり2億8,000万円まで利用できる仕組みになっています。

利用者毎に個別判断される

業績や規模によって限度額は変わる

制度上は1保証制度あたり上限が2億8,000万円ですが、どのような会社等でも上限まで利用できるわけではありません。
その会社等の業績内容や規模などによって個別に判断されます。
つまり上限額を2億8,000万円として業績などの個別要因によって減額査定されるということです。

それぞれの制度が独立して利用できるわけではない

仮にある会社が普通保証制度にて制度上限の2億8,000万円まで利用しているとします。
この状態で別の制度、例えばセーフティネット保証制度を利用する場合にやはり制度上限の2億8,000万円まで利用できるのかといいますと必ずしもそうではありません。
たしかに制度上はそれぞれ別の制度ではあるのですが、利用する会社は同一です。
それぞれの制度を上限一杯まで利用するとなると合計額は5億6,000万円になりますが、その会社が返済できる力があるのかどうかが問題となってきます。
したがって制度上はそれぞれの利用上限額が設けられてはいるものの、制度が異なるからという理由で無条件で利用できるわけではなくあくまでも利用する会社等の返済能力によって決定されます。

無担保枠は利用者によって異なる

そして無担保枠の上限は8,000万円ですが、どのような会社等でも無担保で保証が8,000万円利用できるのかというとそうではありません。
やはり利用する会社等の財務内容等によって無担保での保証利用額は異なってきます。
つまり上限を8,000万円として財務内容等によって減額査定されるということです。

まとめ

このように信用保証協会の保証制度にはそれぞれ上限額が設けられていますが、実際には上限額から利用する会社等の業績や規模などの個別要因によって減額される可能性があるということです。
現実には減額される可能性がはるかに高いと言えます。

関連コンテンツ

-銀行融資の基本, 信用保証協会融資
-