銀行融資の基本

銀行融資の基礎 資金使途

銀行融資の資金使途

銀行からの融資借入は会社のどんな資金に利用できるのでしょうか?
銀行からの融資借入はつぎの4つの使途に利用できます。
1.運転資金
2.設備資金
3.納税資金
4.賞与資金

したがってこれ以外の使途、例えばゴルフ会員権の購入などの投融資資金や社長や社員への貸付資金を銀行から融資を受けることは原則出来ません。
あくまでも会社の事業に直接関わりのある使途に限って銀行融資が受けられることになります。

なお他の銀行からの借入金の借換えの場合は、その他の銀行からの借入金の使途が上記4つのうち、運転資金と設備資金の場合に借換えを検討することが出来ます。
ただ実務上は設備資金の借換えはいろいろとハードルが高く、よくあるパターンとしては運転資金の場合です。

資金流用は有り得ない

また銀行には運転資金と偽って、実際は投融資資金など他の使途に流用することは厳禁です。
すぐにはその流用の事実を銀行は気付かなくても、必ず時間の経過とともに銀行は気付きます。
資金使途の違反を銀行が気付いた場合は、一括返済や以降の追加融資が受けられないなどのペナルティーを受けることになります。
資金使途の流用は絶対にしないでください。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-銀行融資の基本
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.